wandering landscape
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
日々泡110130
a0020009_11554150.jpg

今日はとても寒い朝でした。
朝、寝室の出窓のカーテンを開けたら、レースのカーテンの裾がくっ付いてたから何事かと思って引っ張ったら、なんと出窓の淵の結露がカーテンの裾と一緒に凍っていた!
こんなこと、この家に来て初めてだ・・・
都会のマンションのわりには、密閉性の悪い家だとは思ってたけど。

昔、北海道の田舎出身の人が、朝起きたら布団の端っこが凍っているって言ってたのを思い出した。
当時はありえないと思っていたけど・・・
あると思います。


そうそう、昨日ついに金柑の樹を買ってしまった!
盆栽サイズどころか、普通の鉢サイズの樹です。
実家でわたしの父が育てていて、いつも大阪では勝手に食べてる娘。
昨日売っているのを発見して欲しいと言ったのです。

買って帰る車中で既に娘がもぎ取って食べていました。

狭いベランダに眩しく実を揺らしています。
枯らさないようにしなきゃねぇ。








追記

今日、娘の幼稚園のときのお友達のご家族が茅ヶ崎市にパン屋さんをOPENしました。
Pain de Kというお店です。
お近くの方はぜひ行ってみて下さい。
[PR]
by yucco_mini | 2011-01-31 12:11 | diary(日々の泡)
日々泡110126
a0020009_1124341.jpg

オトナにはじぶんを守るために何らかの選択をすることが許されている。
それはたいてい誠実でない。

だいじなのはその選択を後悔しないこと。
それを選んだ自分を蔑まないこと。
[PR]
by yucco_mini | 2011-01-27 11:29 | diary(日々の泡)
freesia
a0020009_11404833.jpg

a0020009_114109.jpg


フリージア。
黄色は部屋があかるくなる。
そしてほんとにいい匂い。
[PR]
by yucco_mini | 2011-01-24 11:42 | diary(日々の泡)
告白 / 湊かなえ 著
a0020009_13554122.jpg愛娘を自分の生徒に殺された女性教師の復習。
その事件に関わった人々とその周りにいる人間たちのさまざまな角度からの「告白」が物語を構築している。
3時間くらいで読んでしまえる。娯楽性に優れた作品だと思う。

わたしには7歳の娘がいるので、5歳の女の子が殺されるシーンやその回想シーンなんかは、それはもう痛くて痛くて仕方なかった。
母親である教師の、その悲しみや怒りや憎しみや復習の執念深さはぜんぜん理解できる範囲だというのが正直な気持ち。
実行されるかどうかは別として。

ただ、その幼い子の命を奪った少年たちも子どもであることには変わりなく、彼らの浅はかさや弱さを、彼らを覆い尽くす悲しみやべつのかたちの幼稚さを、どこまで、どんなふうに処理して読み進めるかによってこの作品の受け取り方は変わるのだろう。

暗くて救いがない、でも面白い本でした。
昨年映画化されたけど主題歌はレディオヘッドらしいです。

とことん暗いなー。
[PR]
by yucco_mini | 2011-01-21 14:20 | books
車窓
a0020009_1048575.jpg

a0020009_104964.jpg

a0020009_10491392.jpg


羽田から自宅方面へ向かう空港バスは、湾岸線で川崎の臨海工業地帯を抜けていく。
いつも帰りのその景色が好きで少し楽しみなくらい。

行きも同じ道なんだけど、帰りのほうがいいのです。
時間帯かな?
気分かな?

非日常が終わるよーっていう、最後の区切りみたいな。
寂しい気持ち半分、ホッとする気持ち半分。

旅はいいけど、それは旅が非日常だからだよ。
日常が旅だと、それは酔っぱらってるみたいになる。

どこか寂しい気持ちやせつないかんじを、抱えながら生きるのが
きっとたいせつなことなんだよ。
[PR]
by yucco_mini | 2011-01-19 10:58 | diary(日々の泡)
冬の色
a0020009_11282965.jpg

a0020009_11283863.jpg

a0020009_11285191.jpg


この3枚も万博公園で撮ったもの。

最近、観賞用の実の成る木が欲しくてたまらない。
ピラカンサとかキンズとか。ちいさい木を鉢で育てたい。

盆栽・・・っていうとおじいちゃんぽいけど。

なんか趣味が父親と同じ道をたどってるわー。

DNAってきょわい。
[PR]
by yucco_mini | 2011-01-17 11:39 | diary(日々の泡)
冬木立
a0020009_12544747.jpg

a0020009_12545753.jpg

a0020009_1255960.jpg


万博公園にて
[PR]
by yucco_mini | 2011-01-14 12:56 | diary(日々の泡)
new year flower
a0020009_128269.jpg

年末年始に家を空ける我が家には、お鏡やらしめ縄やら正月らしいものはなにもない。
寒いことも手助けして大阪から家に戻ってきたときの殺伐感はハンパないわけです。

たいがい、わたしたちより先に配偶者が戻っていていちおう生活しているのですが、
若干テーブルや床が散らかっていたり洗濯物や洗い物のお皿がたまっているだけで
殺伐感を払拭できる要素はどこにもみあたらない。
というか、助長させているといっても過言ではない。

だからいつもすぐに花を買いに行きたくなります。
部屋に精気が欲しいのです。

わたしはフリージアとかポピーとか季節感のある花が欲しかったんだけど・・・

娘の主張に負けてピンクのバラです。

なんだか。
無駄にゴージャスやのー・・・

でも気持ちが和らぐね。
[PR]
by yucco_mini | 2011-01-13 12:23 | diary(日々の泡)
あけましておめでとうございます
a0020009_244173.jpg

a0020009_245316.jpg

a0020009_25392.jpg


遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

今年は、とても寒い、冬らしい年明けとなりました。
年末から先日まで大阪でゆっくり過ごしていました。

昨年は娘が小学校へ入学。
彼女に巻き起こった友達とのトラブルが
まるで自分のことのようにつらくて禿げかけたり(マジです)、
父親が倒れて死にかける事態になってショックを受けたりしましたが、
たくさんの方たちの支えもあり、なんとか元気に過ごせています。

痛みを次のステップへうまく昇華させることを成長と呼ぶならば、
これからもずっとそれを受け入れていきたい。

それから、
自分自身がもっと人生を楽しむことに一生懸命になりたいとおもっています。

いつも、感謝の気持ちを忘れないで。


このブログもいつのまにか6,7年?が過ぎ、今や自分用写真日記みたいになっていますが、
それでも時々いただけるコメントがとても嬉しいです。


今日、凧揚げに行った公園で、もう梅の花が咲いていました。
近づくといい香りがしてとても幸せな気分になりました。


みなさんにとっても、新しいこの年が素敵なものになりますように。

今年もよろしくおねがいします。
[PR]
by yucco_mini | 2011-01-10 02:42 | diary(日々の泡)