wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
merry christmas
a0020009_11555517.jpg

a0020009_1156428.jpg

a0020009_11561040.jpg

a0020009_11561932.jpg

a0020009_11562938.jpg

24日の朝から配偶者が出張に行くというので(次に会うのは29日in大阪)
一足早く、クリスマスをしました。

ケーキは無印良品のかんたん「ブッシュ・ド・ノエル」キットですませました。
娘も作るのを楽しんでいた様子。
料理をチーズフォンデュにしたらめちゃ楽ちんだった。
あとはチキン焼いてマリネ漬けてオードブル盛っただけ。

明日の朝目覚めたら、プレゼントあるかな?



みなさんも 楽しいクリスマスを。
[PR]
by yucco_mini | 2010-12-24 12:07 | diary(日々の泡)
ツリーハウス / 角田光代
a0020009_12282534.jpg西新宿の古い中華料理店「翡翠飯店」の三代記。
東京と旧満州を場面は行き来する。

なんだか大袈裟に描かれるべきテーマであるはずなのに、身構えていたわりには拍子抜けな印象。
衝撃的なエピソードが山ほどあるのに詳細は描かれない。
しかしそれは決して批判的な見解ではなく。
むしろ、エピソードよりも重きをおくべきは人間の感情の流れではないかという角田さんの意図かと勝手に想像。


現実は現実として。
過去は過去として。
未来は未来として。
 / ・・・今、家族を作るものは根っこではないのではないかと良嗣は眠りに沈みゆく頭で考え、その考えに自分でもはっとする。根っこではなかったらなんだ? 希望だ。 /       (本文より) 


ちょっと珍しいタイプの小説だと思う。
長いけど意外とすぐに読めるしちゃんと楽しめる。人物にとても味がある。
角田さんファンの評価が気になるところです。
むしろ角田さん嫌いな方が是非読んで感想を聞かせて欲しい。かもしれない。
[PR]
by yucco_mini | 2010-12-21 12:53 | books
日々泡(サンタレター)
a0020009_11233562.jpg

a0020009_11234694.jpg


今年も娘はサンタさんへの手紙をツリーにかけています。

今朝、サンタさんが手紙を取りにきましたよ。
娘もずいぶん器用になってサンタさんが飛び出してくるカード形式。
サンタさんへのプレゼントも同封されています。
それはピンクの封筒に入ったハート模様の切り紙です。

さてさて。

   「こんばんは」

ちゃんと挨拶できてえらいぞ!
   
   「さっそくですが、ぷれぜんとをいいます」

・・・いきなり本題?

   「わたしは、りらっくまとこりらっくまのぬいぐるみがほしいです」
   「でも、むりだったらりらっくまだけでいいです。」

あつかましいのか控えめなのかわからない・・・・。

   「りらっくまとゆうのは、このしたにシールがはってあります。みてください。」

サンタさんへの具体的な見本の提示は今年も忘れていません。

   「さきにゆっときます。ありがとうございます。(ハート)」



若干、あつかましさは隠せませんが。
その、幼さゆえの正直さがかわいすぎてもう涙が出そうです。

実際ちょっと泣いています。

わたしは娘が好きすぎる。

サンタさん、きっと届けてくれると思います。





がんばるわ。 (涙)
[PR]
by yucco_mini | 2010-12-15 11:44 | diary(育児)
日々泡101213
a0020009_11321593.jpg

a0020009_11322532.jpg

a0020009_11323877.jpg


冷えますね。
もう12月も半ばです。
年賀状の準備はまだです。
奨学金返済の請求はきっちり来ました。

写真は先日の新宿御苑の続き。
プラタナスは大好きな樹木のひとつ。
新宿門から入ってプラタナス並木のほうへまっすぐに公園を横切ると
途中にりっぱな樫の木があるんだけれど。
その下がどんぐりのじゅうたんになっていました。
数日前に風が強かったから落ちたんだと思う。
娘がずっと拾っていたよ。
あんな数のどんぐりを見たのはわたしも生まれて初めてだった。
[PR]
by yucco_mini | 2010-12-13 11:50 | diary(日々の泡)
日々泡101210
a0020009_1248276.jpg

12月もあっという間に終わりそう。
あれ?年賀状・・・・・
わたしがちゃんと買ってちゃんと作ってると思っているんだろうな。彼は。
いっかい何もせんと知らんぷりしとったろか・・・て思う。
できないけど。きぃぃぃぃーっ 笑

オレって出来すぎた嫁・・・。
(コレに関しては彼も異論はないそうです)

だいたいさ。
頼むから俺と結婚してくれ。って言ったよね?
お願い。とか言ったよね。
絶対幸せにする自信ある。とか言ったよね?!

って何回聞いても
「え?言うたかなー」「知らんなー」
とか言ってます。

死んだら地獄いくで。


ぜんぜん関係ないけど。
WWFの野生動物占い(http://www.wwf.or.jp/join/panda/juv/box/animals/)
が、やけに当たってる気がします。
お仕事の息抜きにやってみてはいかがですか?

ちなみにわたしは「アオウミガメ」でした。
[PR]
by yucco_mini | 2010-12-10 13:18 | diary(日々の泡)
jonsi JAPAN TOUR 2010 at STUDIO COAST (2010.12.4)
a0020009_10205088.jpg

a0020009_1021631.jpg

ヨンシーのソロ公演。
COASTに行くのは何年か前のモグワイ以来。
手前の橋を渡るとき西の有明方面の空がとても綺麗でした。
この日は天気もよかったので富士山の影もくっきり。

今日の公演のチケットはすでにSOLDOUTでこれでもかというくらいフロアは人でぎっしり。
(いつもチケットを取ってくれる友人に感謝!)
わたしと友人はドリンクを交換するとすぐにステージがよくみえそうな2階へ。

ステージのバックに設置されたスクリーンには静かな森の中にいるような木々の影が映し出されている。
ヨンシーが現れ演奏が始まると、スクリーンではたくさんの生き物や花や昆虫が動き出し、雨や風や雪や火が現れる。

演奏は期待通り。
ヨンシーの美しいボーイソプラノも、メンバーとひとつになって作り上げる独自の音の世界も。
今回、強く感じたのは舞台の演出の素晴らしさ。
スクリーンはヨンシーによる完璧なアート作品であるということ。
それは演奏と共にこの空間に放たれた瞬間から次々と新しい扉を開く。
わたしたちはその世界に引き込まれ、その空間に生まれる彼らの世界を共有し、これでもかというくらいこころをふるわせる。

で、シガロスのとき同様、終わった後のあのかわいらしい様子は何なんですか。
子供か。
うっかり萌え死ぬわ。


そして蘇るアイスランド人妖精説・・・・(何回目よこれ)

ていうか、もう、きみたち妖精ね。
決めたから。



以下setlist。


 1. Stars In Still Water
 2. Hengilás
 3. Iccicle Sleeves
 4. Kolniður
 5. Tornado
 6. Sinking Friendship
 7. Saint Naïve
 8. Go Do
 9. Boy Lilikoi
10. Animal Arithmetic
11. New Piano Song
12. Around Us
—encore—
13. Stick And Stones
14. Grow Till Tall
[PR]
by yucco_mini | 2010-12-07 11:15 | music
日々泡101205
a0020009_12134346.jpg

a0020009_12135436.jpg

a0020009_1214467.jpg

a0020009_12141580.jpg


新宿御苑の木々たちはすっかり色づいていました。
日曜日は雲ひとつない晴れの日で。
まぶしいー!


急に思い立って出て来たので伊勢丹でお弁当を買って行った。
新宿御苑でお弁当たべるの大好き。

引っ越してからめっきり来なくなった。
でも新宿のこの落ち着く感じはなんだろうな。
渋谷は本当に苦手なんだけど。

都内に住んでた2年間にいかに歩き回っていたのか思い知った。
でもお店はすっかり変わってる。
娘は伊勢丹のショウウィンドウのきれいさにびっくりして写真撮りまくっていた。
おのぼりさんか。

ずっと御苑内にいたので街はぜんぜん歩けなかった。
今度、もう少しゆっくり歩き回りたいな。
[PR]
by yucco_mini | 2010-12-06 12:30 | diary(日々の泡)
日々泡101203(with 苔)
a0020009_12414238.jpg

a0020009_12415572.jpg


12月に入りました。

水仙の鉢に苔がこんもり生えていました。

かわいいな・・・・・

子どもの頃から苔がやたらと気になるわたしです。
倒れた後、リハビリ中の父に苔玉の作り方の本を贈りました。
それは苔玉を作って欲しかったからです。
わたしがね。

年末にかけてきっと忙しなく時間が過ぎるのだろうけれど
あわてないでのんびりいきたいです。

深呼吸。
[PR]
by yucco_mini | 2010-12-03 12:47 | diary(日々の泡)