wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
<   2010年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
日々泡100628(Roger Nichols&The Small Circle of Friends)
a0020009_13102264.jpg

何回も登場しててもういい加減しつこいよね。
でもこれだけは我慢して! 笑

平和な気分になりたいときはロジャーニコルス。
というか、どんなに荒んでてもこのアルバムを聴くと気分が穏やかになる。

何百回も聴いてるけど毎回なんていいアルバムなのだろう!と感動する。

擦り減るのでもちろん聴くときはCDの方だけど。
たまには虫干しのようにアナログ盤を出してターンテーブルへ。
[PR]
by yucco_mini | 2010-06-28 13:18 | records(disc)
日々泡100627(my Rose)
a0020009_11443412.jpg

a0020009_11444361.jpg

我が家のミニバラも咲く。かわゆい。

手をかけた植物の変化を毎日観るのが楽しい季節。
買ってきた苗も植え替えたり肥料を施したり手を加えてるうちに愛着がわく。
あんまり長い間ベランダやら玄関先でわたしが動かずにじっとしているので
娘に「いつまで見てんねん」とつっこまれるけど。
だって飽きないんだもん。

でもわたしの影響もあって、娘は植物の変化に敏感だし名前もたくさん覚えている。
道端の小さな花にも気がつくし名前を知りたがる。
ゴキと蝉以外は虫も好きだし、動物や魚、あらゆる生き物、空を見ることも好き。
月の満ち欠けも気にしているし、日没は大好物。
母親の影響って計り知れない。責任重大。
[PR]
by yucco_mini | 2010-06-28 12:07 | diary(日々の泡)
日々泡100625(morning glow)
a0020009_1311867.jpg

日本代表が決勝T進出を決めた朝の朝焼けをお届けします。


眠い・・・
[PR]
by yucco_mini | 2010-06-25 13:02 | diary(日々の泡)
日々泡100623(お土産)
a0020009_14513433.jpga0020009_13234459.jpg

出張帰りの配偶者。お土産を買ってきてくれた。
2箇所行ったので2箇所ぶん。
一回の出張で北海道と沖縄て・・・効率悪くない?
何はともあれ、久々のじゃがポックルだ!うれしい!
[PR]
by yucco_mini | 2010-06-24 14:55 | diary(日々の泡)
日々泡100622(Rose)
a0020009_14271090.jpg

寄せ植えの花を買い出しに行って、久し振りに切花も買った。
家から車で10分ほどのところにある、このあたりでは有名なすごく安い花屋さん。

薄い紫のバラ。
バラを飾るとテンション上がるね。



a0020009_1429898.jpg

[PR]
by yucco_mini | 2010-06-22 14:39 | diary(日々の泡)
日々泡100621#2(solstitial twilight)
a0020009_22541061.jpg

夏至の日の夕暮れをお届けします。
[PR]
by yucco_mini | 2010-06-21 22:56 | diary(日々の泡)
あんバター
a0020009_1451038.jpg
今日の昼ごはん。
神戸屋のあんバターフランス。
そりゃ、美味いでしょ。鉄壁でしょ。こないだの日本代表のDF陣並でしょ。
そういえば中澤さんを近所でたまに見かけます。子どもさん連れてはります。
[PR]
by yucco_mini | 2010-06-21 14:15 | diary(日々の泡)
日々泡100621
a0020009_12373315.jpg
気がつけばもう6月も半ばですっかり入梅。
我が家では引き続きケッコン以来使っている家電の買い替え時期。
13年も経つともういろいろとおかしい。配偶者含め(このひとことが余計なのは承知です)

と同時に、「入れ物問題」というのが持ち上がってます。
冷蔵庫に続き念願のドラム式乾燥機付洗濯機を購入したのに・・・
家に入らない!
洗面所の入口から洗濯機置き場までのカーブを曲がりきれないわけです。
業者さんが洗濯機を運ぶ前に家に入ってきて判明。
「奥さん、コレ無理ですね」
「えっ?じゃあ、ここの壁壊したら入ります?」
「・・・」
そりゃそうです。業者さん苦笑いです。
大体、賃貸だよ。しっかりしろ、オレ。

憧れの洗濯機は我が家に一ミリも入ることなく帰っていきました。
で、結局再度買い替えに行き、今までとさほど機能が変わらないオーソドックスな洗濯機がやってきました。

これ、結構凹んだ事件です。
2ヶ月経ってようやくここで発表できました(どんだけ洗濯機に夢託しとってん・・・)

そして、最近、音に異変を感じる電子レンジを買い換えようかという話になり、数日前からいろいろ物色しているのであるが。

洗濯機の教訓を得て寸法をチェックすると・・・やっぱり入らない!
我が家の13年前の電子レンジ台には欲しいと思っている電子レンジが入らない!
つまりレンジ台から買い換えないといけないわけです。
もうウンザリー。お金ないー。

とりあえず、扇風機を新調しました。(10年以上経った扇風機は火災のリスクが高いらしい)
[PR]
by yucco_mini | 2010-06-21 13:07 | diary(日々の泡)
くいいじ (上巻・下巻) \ 安野モヨコ 著
a0020009_12172516.jpg安野モヨコによる食に関する徒然。
わたしが安野さんの文章を読むのが好きなのは、きっと年齢も近いし感覚や好みも似ているので仲の良い友達と話しているような気分になるからだろう。
彼女の頭の回転の速さとセンスのいいジョークには感心するけど、全体的に「ずぼら」な感じにとても親近感。

a0020009_121854100.jpgそういえば最近わたしも、口にするものたちが自分の身体にどれだけダイレクトに影響してくるかを実感する。
外食とか加工品を食す機会が増えるとたちまち肌の調子が悪くなる。
地味だけど、自分が買ってきた食材で自分でできる普通のシンプルな料理を食べる生活ペースに戻るとちゃんと回復する。(飽きるけどね)
彼女が言うように、自分の身体の中にある悪いものを受けとめるためのいれものの許容量がMAXなんだろうな。代謝の問題もあるだろうし。
あと、薬味はほんとうに大事だよ。薬味LOVE。
[PR]
by yucco_mini | 2010-06-16 12:21 | books
だれかのことを強く思ってみたかった / 角田光代 佐内正史
a0020009_23231422.jpg作家、角田光代と写真家、佐内正史が切り取る東京。
この本を読んでわたしはいろんなことを思い出した。
ああそうだ。こんなふうに写真をとっているときがあった。こんなふうに都会を感じて生きているときがあった。

佐内氏の写真でわたしが真っ先に思い出すのは、
「a girl like you 君になりたい」という、雑誌『relax』で連載されていた若いモデルさんや女優さんを撮った写真のシリーズ。(後に未掲載カットを集め同タイトルで写真集化されている)
当時わたしは『relax』を買っていて、実は毎号そのページがいちばん好きだった。(連載が終わったとき本当にがっかりした)
まだどこかあどけない、でもかなり美しい女の子たちが日常の街角に立つ。
まぶしいものと薄暗いもの。古くくたびれた空間にある新しくてつるりとした存在。無垢なものを抱える薄汚れた風景。だけどそこにある違和感はけっして居心地の悪いものではなく、どこかノスタルジックでわたしを落ち着かせた。
/陽に光を反射している小さな海がつくりものであるように、今ここにある世界がまるごと、銀色の高層ビルも足元の道路も薄暗い空も、点滅する信号機も空のなかの太陽も、それから、それらを前にした私自身までもが、精巧で奥行きのない、裏からみたらからっぽの、ニセモノであるような気がしてくる。
と、そんな気がした途端体が軽くなる。自分がだれでもないと知るような不思議な心地よさ。/
/この世界はどのくらいの強度でなりたっているんだろう?
私たちはどのくらいの強度でそこに立っているんだろう?/  「ファインダー」
/私自身がいったい何を所有しているのかといえば、
見たものではなくて見なかったものであったりする。/  「見なかった記憶」



だれかのことを強く思ってみたかったのに、その相手を見つけられないでいた頃の自分を思い出した。
そのときに目を向けていたものが後の自分に大きな影響を与えている。
そのときのわたしは18歳で、探るように手を伸ばしていたものは哲学と音楽だった。

いい本だと思う。
[PR]
by yucco_mini | 2010-06-11 00:25 | books