wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
SPIKE JONZE
a0020009_17101175.jpg

娘は幼稚園から帰ってきたらまず手洗いうがいをし、着替えておやつを食べる。
近頃のおやつタイムのBGMは「かいじゅうたちのいるところ」のサントラである。
娘から「かけて」と言う。かなり気に入ってる様子。
わたしはスケボーやBMXにはまったく興味なかったけど、昔からスパイク・ジョーンズ(とマーク・ゴンザレス)が妙に気になって仕方がなかった。
実際、年齢も近いしええオトコやし(ルックスか!)
ビースティ・ボーイズやウィーザー、ビョークやダイナソーJr、ソニック・ユース、ケミカル・ブラザーズ、エラスティカ、そうそう極めつけはあの有名なファットボーイ・スリムの「Praise You」。
彼の手がけるたくさんのミュージックビデオをMTVで観て来たからにちがいない。
で、いきなりソフィア(コッポラ)と結婚したし!(もう離婚したけど)

「かいじゅうたち~」も日に日に愛おしさが増す映画である。
サントラはびっくりするぐらい良い!大好き。

でEYESCREAMの3月号も買ってしまいました。この雑誌高いからほんとイヤ。
SPIKE JONZE issueです。DVD付いてます。
[PR]
by yucco_mini | 2010-02-26 17:21 | books
aster
a0020009_1833781.jpg

孔雀草。クジャクアスター。
何日か前に久し振りに買った切花は食卓の上。
つぼみがだったのがすべてきれいに咲いたのでので撮ってあげる。
[PR]
by yucco_mini | 2010-02-25 18:36 | diary(日々の泡)
daisy
a0020009_14121076.jpg

雛菊。
ベランダでひっそりと三つくらい咲いてる。
せっかくだから撮ってあげるよ。
[PR]
by yucco_mini | 2010-02-25 14:13 | diary(日々の泡)
ume
a0020009_12312739.jpg

a0020009_12313940.jpg


もうそろそろ桜の季節だけど、梅。
梅は枝っぷりや花の付きかた、つぼみのかたちも好き。

さあ、花の季節がやってくる。
[PR]
by yucco_mini | 2010-02-24 12:36 | diary(日々の泡)
日々泡100223
a0020009_23123339.jpg

10日間にわたる睡眠不足を乗り越え無事に久々の仕事を納めた翌日は、間の悪いことに娘の幼稚園最後のお茶会(母親同士の親睦会のようなもの)だった。
お店にたどり着いたわたしに真っ先に向けられたママたちの言葉は
「どうしたの?なんか疲れてる?」
・・・晴れ晴れとした気分で行ったつもりだったのに。
寝不足の割には肌も髪もそんなに調子悪くなかったし、朝からマニキュアも塗ったし。
派手過ぎず地味すぎない、若作り過ぎず老け過ぎない、気合入れ過ぎず手抜きしない、絶妙な隙間をすり抜ける細心の注意を払いながら(笑)お茶会向けにきちんと身なりも整えていったのに。
疲れを隠せない年齢である。がーん。

卒園まであと少し。来週からは謝恩会(幹事)の準備仕事が忙しくなってくる。
3月のスローガンは「疲れをみせない女でいたい」 (an・anの見出し風)でいく 笑。
[PR]
by yucco_mini | 2010-02-23 23:44 | diary(日々の泡)
日々泡100217
ひとは、いまやらなければならないことがたくさんあるときに限って、どうしてほかの事をしたくなるのだろう。

一週間ほど前からひさしぶりに仕事をしています。家で。
発注者は配偶者(が勤務する会社)。

ていうか最近、車がどんどん壊れはじめて、こないだブレーキランプ交換しに行ったのにその次の週は右ウィンカーが倍の速さでカチカチしだしたかと思うと切れてまた交換。
そりゃそうだもう8年目だし、でもあと3年くらい乗らなきゃ!その間に車買い替えるお金貯めなきゃ!と思うとなんか焦ってきて。
彼に「仕事あったらちょうだい」って言ったらほんまに出してくれた。
がっつりと。納期一週間後で。
もうちょっと程よい加減?みたいな気遣いはないのかと一瞬思ったけど、そんな都合のいいボリュームだったら社内でできるんだろうし。外注以下の値段で外注並に働けないと会社にメリットない(という無言の圧力が彼から滲み出ている気がする)
そしてこれを黙ってこなさないと次にもう仕事がもらえない。。。にちがいない。
ということで。
ひさびさやわー。この追い詰められてる感。
娘がいない間にがんばるけどあっという間に帰ってくるので、結局睡眠時間を削る。
眠い・・・し、美容に悪い。

写真が地味すぎる・・・
milkfedの壁紙が歳がいもなくかわいすぎるのをお許し下さい。家なので。
a0020009_10234118.jpg

そう、「かいじゅうたち~」のサントラはリアルに現実逃避。
[PR]
by yucco_mini | 2010-02-17 10:37 | diary(日々の泡)
WHERE THE WILD THINGS ARE MOTION PICTURE SOUND TRACK/ KAREN O AND THE KIDS
a0020009_1093412.jpg映画「かいじゅうたちのいるところ」のサウンドトラック。予想以上にすばらしい。
映画をみながら欲しいなと思い、エンドロールでダニエル・ジョンストン(一曲提供してます)の名前を見つけて絶対買うと決めたけど、そんなの関係なく(映画を観てなくても)ぜんぜん買っていいと思う。
KAREN Oと子供たちの声がやさしくてどんなに叫んでもかわいい。何しても和む。
楽曲もすべてにおいてどこかせつなく、幻想的でノスタルジックな映像が頭の中に広がるこの感覚が、音楽の持つ最も魅力的な部分であると信じているわたしにはちょっとした冒険ですよ。
現実逃避できる。
[PR]
by yucco_mini | 2010-02-15 10:33 | records(disc)
WHERE THE WILD THINGS ARE
a0020009_1118424.jpg
a0020009_11184986.jpg
a0020009_11185872.jpg
a0020009_1119441.jpg
a0020009_11191174.jpg

久しぶりに映画を観ました。
スパイク・ジョーンズの「かいじゅうたちのいるところ」。
1963年にアメリカで出版されたモーリス・センダック作の同名の絵本が原作。
数々の権威ある賞を贈られ世界で2000万部以上売り上げている有名な作品らしいけど、わたしは幸いなことに絵本を読んだことがなかったので思い入れや先入観なしで純粋に楽しめた気がする。
物語はとても単純で幼い微妙な年頃の少年のちょっとした家出。
その間に起こるファンタジックな出来事。

怪獣たちがどこからみても奇妙な着ぐるみなんだけど、それがどうしてものすごく素敵で愛着がわく生き物に。
彼らがやることが結構派手でヴァイオレンスな部分もあるんだけど、これって男の子のちょっとした願望というか頭の中にあるモノなんだろうな思うと愛おしくてたまりません。
残念ながらうちは娘しかいないので身近ではないけど、お友達の男の子たちをみてて日々感じる特有の複雑さゆえの愛らしさが凝縮されてて胸がキュンとしました。
男の子を持つお母さんはぜひご覧になってください。
わたしの隣の席にマックス君(主人公)と同じくらいの男の子と二人で観に来てるお母さんがいたんだけど、すっかり号泣してはりました。
ま、その横でわたしも鼻水だらだらで泣いてましたけど。

映画として優れたものなのかさっぱり分かりませんけど、わたしはだいすきです。
スパイク・ジョーンズの映像が好きな人はきっと満足できると思います。

そうそう、音楽はthe Yeah Yeah YeahsのKaren O です。ここ重要。
[PR]
by yucco_mini | 2010-02-10 11:45
シクラメン
a0020009_11464523.jpg

やっと我が家のシクラメンが咲き始めた。まったくもってスロースターター。遅い。
去年の9月にひと回り大きな鉢に植え替えたら葉っぱが去年の倍くらいもりもり出てきたので、今年は今からいっぱい花を咲かせてくれはず。
「期待してるで。」と言いながら水あげたり液体肥料与えてます。
もし、あんまり咲かずに終わってしまったらきっとプレッシャーに弱いタイプのコなのでしょう。
[PR]
by yucco_mini | 2010-02-05 11:52 | diary(日々の泡)
日々泡100203(snowman)
a0020009_10564437.jpg

ひさしぶりに都心に雪が降った夜、我が家周辺も積雪。
翌日に車を使いたかったわたしは"朝までに溶けますように~"と、
雪遊びがしたい娘は"明日朝起きたらいっぱい積もってますように~"と祈っていた。
結果は程よくメイン道路は溶け、日陰にはきっちり雪が残る都合の良い積雪。
2年ぶり?3年ぶり?の雪だるまは娘が一人で作ったので完成度はいまひとつだけど、目がハートだったり、胸の部分にサクラソウの花があしらわれていてラブリーな仕上がり。


駐車場は建物の北側にあるので雪がたっぷり残っていて、車も乗る前にフロントガラスやボンネットの雪を落とし、周辺の雪掻きが必要。
雪国の人ってコレを毎日やってるんだねぇ。ほんと、大変。
歩くのもつるつる滑ってワーキャー言いながらで疲れるし。
雪が降るたびに思うけど、やっぱりわたしは雪国には住めない。
[PR]
by yucco_mini | 2010-02-03 11:22 | diary(日々の泡)