wandering landscape
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
6th birthday
a0020009_0275692.jpg

おめでとう。おチビちゃん。
それなりには感慨深いけど、まだまだ途中って感じだ。
人の子の成長は早く感じるけど自分の子供って意外に長い。
「あっという間にもう○歳」ってい言ってる人をみると、そんなに子育てに携わってないんじゃないか?と思ってしまう。
ずっと一緒にいて、見つめながら、じっくりといろいろ考えながら費やす日々は「あっという間」とは言えない!
長いよ!一年一年が。

でも、娘が二十歳くらいになったら言いそうだね。「あっという間にハタチだね」って。

まー、がんばるよ。まだまだおかあさんは。
[PR]
by yucco_mini | 2009-05-31 00:48 | diary(育児)
そら
a0020009_1355176.jpg

空を撮るのひさしぶり。
最近、撮りたい時間にバタバタとして今まで以上に余裕がなくなっている。

時間が欲しいのではなく(欲しいけど)、余裕が欲しい。
余裕。timeよりはcalm。こころののりしろ。

コンタクトレンズを買うときに受ける眼科検査で、いつも注意されることがある。

「太陽の見過ぎです」

太陽はみてませんけどね。
空を見ると勝手に太陽が視界に入る。
外ではなるべくサングラスするようにはしてるけど。
眩しい家なの。すごく陽の当たる部屋。
[PR]
by yucco_mini | 2009-05-26 14:11 | diary(日々の泡)
「 風花 」 / 川上弘美 (著)  
a0020009_1128146.jpg結婚7年目33歳子供なし。発信者不明の電話で突然知らされる夫の浮気。
終始取り乱すことなく、一見淡々と、穏やかに、自分の置かれる立場と事の成り行きを少しずつ確かめる主人公。
その変化はあまりにもゆっくりすぎて見落としそうなんだけど。
寧ろ、突然すぎて気がつかないのか。
確実に女として強くなってゆく。

これ、いったいどうなの?と。大半の女性はストレス溜まります。2/3くらいまでは。
率直に言うと、サッサと別れろや!そんな男!と。
別れたがる男にハッキリとした理由もなく別れを拒む女。
自分が何故、彼と別れたくないのか。彼を好きな理由を探したりしてる。

「結婚」の特殊性とでもいうのでしょうか。
「恋愛」とは確実に違うものが彼女の行動をおかしなものにしてる感じもなきにしもあらず。

でもわたしの経験上、彼女の行動はおかしくない。
客観的に観て、もしくは時を経てみるとかなりトンチンカンなんだけど。
なるよな。なるなる。こうなりますよ。
彼を失いたくないわけでなく。彼を失った自分を受け入れられない。
別にのんびりしてるわけじゃなく、それなりの時間が必要なのだ。

最後は男が「別れたくない」と言う。
でも、その頃はすでに女は強くなっている。彼に抱く愛情は、以前のものとは確実に違う。

そんな男は、いらないの。
[PR]
by yucco_mini | 2009-05-20 12:05 | books
日々泡090518
新型インフルエンザがすごい勢いで広がってるね。
たぶん、発覚してないだけで東京にも横浜にも潜伏している気がする。
さっき、IKEA(横浜)にお買い物に行ってる友達から
「マスクしてる人が多くてビビる!」とメールが来ました。

実家がある街が思いがけないかたちで少し有名になって悲しい。
全国的にはまったく無名な街であってほしかった...(何故?)
でも関西大倉って結構山奥だよね?高校の時、文化祭に一度行ったことがある気がする。
あの頃は男子校だったけど。
とにかく、速やかに対処すれば重症化はしないみたいだから、落ち着いて体調管理には注意したいものです。

a0020009_124397.jpg

我が家の自給自足ゾーン(笑)には青じそとアップルミントがぐんぐん育っている。
娘はネギはきらいだけど青じそは大好き。
毎日お弁当に入れる卵焼きは青じそ入り。
どんどん穫っていかないと葉が成長しすぎてかたくなってしまうので
最近はごま和えや酢の物にも刻んで入れたりする。
アップルミントは枝ごと切ってコップに挿してテーブルに飾る。
すぐ根がでてきていつまでも緑がきれい。お薦め。
a0020009_1231717.jpg

[PR]
by yucco_mini | 2009-05-18 12:36 | diary(日々の泡)
日々泡
a0020009_14261318.jpg

何かと多忙な春。五月病、大丈夫?
わたしは少しアタマがボーっとしながらあれこれやるべき事をこなす日々。
時間がぜんぜんとれないわけではないのに気持ちが音楽とか読書とかにじっくり取り組める方向に行かない。

今日はバリウムを飲んできた。
ホントあいつだけはいただけないんだけど、ちょっと今年はこなれた感じでグビっと飲んでやりましたよ。

花の種を蒔いたり、ちょっと高価な美白美容液を買ったりしてモチベーション上げにかかってます。(そんなことで?!)
女っていろいろあるのよねー。(笑)
[PR]
by yucco_mini | 2009-05-12 14:34 | diary(日々の泡)
his final rest
わたしにはチケットを購入しながら結局行けずじまいのライブというのがひとつだけある。
それが忌野清志郎である。

a0020009_132241.jpg

悔しくていまでもきれいなまま持っている。
原因は仕事だったんだけど、ギリギリまで諦めきれずにチケットを誰にも譲らなかった。

わたしはRCも清志郎も自分でCDを買ったことはない。
その音楽はBGMのようにしか聴かなかった。
だけど、歌詞やメロディはいつのまにか覚えてる。
大学生の頃、当時の恋人をはじめわたしの周りには清志郎を愛する人がたくさんいて、
自分が思っているよりもずっと彼は近くにいた。
ロックは決して強くて乱暴で荒々しいものではなくて、繊細で優しくて楽しいものだと知った。

歳をとってからの佇まいが何とも言えず素敵で大好きだった。
いまでも、彼が死んだということを考えるだけで鼓動が少し早くなる。
わたしでさえこれだから、きっとたくさんの人が胸が痛くて仕方ないんだろうな。
しばらくの間は。
[PR]
by yucco_mini | 2009-05-07 13:58 | diary(日々の泡)