wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Sigur Ros / 『 Med sud i eyrum vid spilum endalaust 』(2008)
a0020009_1423896.jpgシガーロスのことについて書くのはとても苦手だ。
できれば避けたい。
なぜなら、わたしの貧しい語彙と文章ではとても表現できない音楽だから。
自分の中に生まれる感動をことばにするのはまだいいとして
(すでにそれも難しいけど)、
それを彼らの音楽に結びつけて言いあらわすというのは、
もう神への冒涜並みに失礼なことのような気がするくらいわたしには表現力がない。
だけどもうすでに、確実に、お察しの通り、 「Sigur Ros」 はわたしの人生にとって重要な出来事のひとつなのです。お許しを。

この極めてフリーダムなジャケットとPV、一曲目に翻弄されたファンはたくさんいるのだろう。
わたしはぜんぜんへっちゃらだったけどね!(意味なく強がり)

確かに彼らはほんのすこしわたしたちのそばに来た。
自由なドラム、ファンファーレのようなホーンセクション、アコースティックギター、ピアノ。
でも変わらないよね。彼らは何も変わらない。ヨンシーの声はシガーロスを選んでいる。

彼らの音楽を聴いたあとは少し世界が違って見える。
わたしはこの世の中の美しいものを、まだたくさん見逃している。
そして、わたしたちはもっとおおらかに生きてゆける。

ひとは"ヒーリング・アイテム"を必要としているわけではないのだろう。
"きっかけ"が欲しいだけ。
彼らの音楽はその"きっかけ"を与えてくれる。

official → http://www.sigur-ros.co.uk/
MySpace → http://www.myspace.com/sigurros
[PR]
by yucco_mini | 2008-06-26 14:31 | records(disc)
日々泡
a0020009_1221970.jpg
今日は「お茶会」という、幼稚園の同じクラスの母が集ってランチでもしながら親交を深めましょう的な、非常に面倒くさいけどどこかわくわくする会の日。
車を出したわたしは、途中何人かを拾って本日の会場となるレストランに向かった。
一人が「そう言えば今日この辺でキムタクが・・・」と言った瞬間すごい人が集まる大がかりな撮影現場の横を通る。
同乗者たちが「キムタクいるいる」と言うのでちょっとスピードを緩めたけど、脇見レベルでは発見できず。・・・スター見損ねた。
そんなロケ情報いったいどこから仕入れるのか、お茶会に行ったら結構みんな知っていてびっくり。
早めに現場(自転車で行ける距離)にいたらエキストラになれたらしい。(別になりたくないけど)


夕方、アイスランドの妖精からプレゼントが届いた。
ちょっと疲れてるいまのわたしには、この封を開けて彼らの世界に入り込むために必要な時間なんてほんの数秒でいいだろう。
[PR]
by yucco_mini | 2008-06-25 02:26 | diary(日々の泡)
family day
a0020009_1210414.jpg

週末は幼稚園のファミリーデイで、父親が娘と園の畑で芋掘りしてきた。(わたしはお留守番)
6個ほどじゃがバターにしてたべたんだけど、まだこんなにある・・・
今日はポテトサラダかなー。

そうそう、娘と同じクラスに某有名格闘家の息子さんがいる。
こないだの試合(?)で腕を骨折されたみたいで、わたしたちも「絶対来れないよね・・・」と心配していたのだが。
なんと!ちゃんと来て一緒にお芋を掘っていたそうだ(片手で)。エライ。
しんちゃんのパパ、エライよ~!
[PR]
by yucco_mini | 2008-06-23 12:20 | diary(育児)
dolphin song 2
a0020009_13283157.jpg
a0020009_13284755.jpg
a0020009_1329084.jpg

眠い。休息したい。
[PR]
by yucco_mini | 2008-06-17 13:31 | diary(日々の泡)
bubble days
a0020009_12295986.jpg
雨の日は気分が落ち着く。コドモは不完全燃焼気味ではあるが。

さてさて。
以前も書いた気がするけど、
わたしは「勝ち組」、「負け組」というのが未だにサッパリわからない。
ひとがひとを判断するときの言葉ほど、不確かなものはない。

アキハバラという街を何回か歩いたことがある。
秋葉原駅の2つとなりの駅近くに住んでいたことがあるからだ。
かつて日常だった場所が、すごく無惨な方向に非日常的な景色でTV画面に登場するのが耐えられない。
なによりもひどいのは、血を流して横たわる人を携帯電話で写してる人の姿。

TVは前からあまり見ない方だけど、最近はニュースさえ見なくなった。
[PR]
by yucco_mini | 2008-06-12 12:53 | diary(日々の泡)
Cut Copy/ 『 In Ghost Colours』 (2008)
a0020009_22515785.jpgオーストラリアの3人組の2nd。
すごい。音楽はタイミングだとつくづく思う。
2ndって・・・わたしは1stの時一体何を聴いていたんだろう。
でも、とにかくわたしの中のいろんな要素がタイミングに作用して出会わなかったんだろう。

これっていったいNew Order?でSuede?でデュラン・デュラン?でルースターズ(中期~後期)?・・・
ロックで、ニューウェイブで、ブレイクビーツで、ディスコで。
ぜんぜんシューをゲイズしてへんやろ!みたいなシューゲイザー(?)も、混じってる。
80年代で90年代初期で。回顧しながら懐古して作ったら最新兵器って感じでしょうか。
どうでもいいけど素晴らしい。
こんなにとっちらかってるのにこんなにまとまってるのは、きっと音に一貫性があるからだと思う。強いポリシーが滲み出ている感じする。
とことん煮詰めて湧いて出たアクが美味い!的な・・・もう、何言ってるのかわかりません。
まぁ、つべこべいわず踊っとこ。
Official → http://cut-copy.blogspot.com/
Myspace → http://www.myspace.com/cutcopy
[PR]
by yucco_mini | 2008-06-09 23:31 | records(disc)
娘からの手紙
a0020009_12292838.jpg

・・・・・あ、どうも。こんばんは。

昨日の夜、おもむろに手渡されました。
夜だからちゃんと「こんばんは」なのがエライと思う。
・・・でもこれ、よく見たらレシートの裏ですやん。
[PR]
by yucco_mini | 2008-06-06 12:34 | diary(育児)
pacific! / 『 Reveries 』 (2008)
a0020009_12532192.jpgスウェーデンの2人組男性ユニットのデビューアルバム。
軽く衝撃。ちょうど、Phoenixが出たときのような。

これ、そのときの気分に合わなかったらさらっと流してしまうかもしれないけど、気分に合ったら絶対にはまる。
わたしはがっちり出会った感じ。


きっと意図的であろう、アナログ感満載のエレポップ。
チープにテクノでディスコ。その上に美しいハーモニー。
クラブで深夜2時過ぎた頃にかかると最高に気持ちいいタイプの音楽。

isaoくんありがとう。

official → http://www.musicpacific.com/
My space → http://www.myspace.com/musicpacific
[PR]
by yucco_mini | 2008-06-05 13:11 | records(disc)
from a car window
a0020009_1230104.jpg
a0020009_12301850.jpg
a0020009_12302893.jpg
a0020009_12303690.jpg

   わが家の車窓から。
[PR]
by yucco_mini | 2008-06-02 12:33 | diary(日々の泡)
5th Birthday
a0020009_165969.jpg

今年のケーキはアンリ・シャルパンティエの「のの字ロール(マロン)」。
親が食べたかっただけなんだけど。一応、娘の誕生日の前日は旦那の誕生日なので。
「のの字ロール」久しぶりだ!
おめでとう!おめでとう!
[PR]
by yucco_mini | 2008-06-01 01:19 | diary(育児)