wandering landscape
<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
sprite dress
a0020009_0364724.jpg黒いゴミ袋と三角帽子で魔女、とか。
去年まではものすごく手抜きなハロウィン衣装だった。
でももうごまかせない。
「妖精がいいの!」
と言ってきかない、4歳。

作りましたよ。二日間で。
スカートの腰の部分以外はオール手縫い。
正味、5時間くらいかな?

材料は全部、家にあったモノ。
白い布はIKEAで以前買ったロールカーテン用のポリエステル生地(激安だった)。
ピンクのチュールは娘のベッド上に吊そうと買った天蓋(結局吊せず)の生地をチョキチョキと切って使用。

スカートは今トレンドの(ホンマか?)バルーンにしてみました 笑。
もう週末に着たけど、31日にもう一回着る予定があるので、
これからスパンコールとかビーズを付ける。(娘の指令)

あー・・・肩がすごーく凝ってるんですけど。マッサージ行きたい・・・
[PR]
by yucco_mini | 2007-10-30 00:57 | diary(育児)
message from Heaven
天国からのメッセージ(http://www.uremon.com/heaven/)というのをやってみました。

2007年のわたしへ。
元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは95歳で、つまり西暦2064年に、生涯を終えます。振り返ってみると、自分でも素晴らしい人生だったと胸をはって言えます。
だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。それは 2016年の夏のこと、わたしはアムステルダムへ旅行に出かけることになります。その後に起こる出来事が人生を大きく左右します。 忘れっぽいですから、メモしておいてください。
最後にひと言、95年間生きてみて思ったのは「人生の無駄遣いなんてない」ってこと。
それでは、またいつか会いましょう。
これから先の人生もチャレンジをおそれずに。

yucco - 2064年の天国にて



長生きやな・・・。
「人生の無駄遣いなんてない」 って・・・ 笑。
わたしの場合"yucco"でも本名でも寿命が変わるだけで内容はほとんど同じ。
2016年にアムステルダムへ行き、そこで人生が変わるらしいです。
笑える。
アムスといえば・・・思い当たるひとがひとりいるんですが。

まりさーん・・・
[PR]
by yucco_mini | 2007-10-28 01:27 | diary(日々の泡)
Shinano Sweet
a0020009_0485548.jpgわたしはりんごが大好きだ。
果物全般好きだけど、どれか一種類しかもう一生食べれないと言われたら
迷わずりんごをえらぶ。

ちょうど一週間前、長野からりんごが届いた。
大阪の両親が長野に山登りに行って、そこから送ってくれたのだ。
新種のりんごで「信濃スウィート」と言うらしい。


もうコレが・・・信じられないくらいのおいしさ。
固さ、味、食感。何もかもがミラクル!美味すぎる!
囓ったときのジューシィさ!口に広がる濃くて甘い風味!
ああ、なんでわたしは今、彦麻呂じゃないんだろう。
この美味しさを何て表現したらいいんだろう。

で、一週間でぱくぱく食べて、12個くらい入ってたのがあと3個になった。
今日デパートでふと「信濃スウィート」あるかなーとみてみたら。
・・・・軽く凹みました。
一個525円ですよ。奥さん。

いやーん!自力では一生食べられへーん!

今日も娘が、「ばあばが送って来てくれたりんごおかわり!」と言い放つ。
な、なんやと?(昨日まではがんがん剥いてたけど)
「半分にしとき。お腹こわすで。」
と、セコい小芝居うってしまいました。
[PR]
by yucco_mini | 2007-10-27 01:12
Frosch
a0020009_0415299.jpg使ってみたいナーと思っていながら、なかなか高価なので迷っていたら。
お祝い返しにプレゼントして貰った。


箱が・・・

滅茶苦茶かわいいーーーー!


カエルちゃんの顔がフタになってて、
a0020009_042617.jpg開くとこんなふうに詰め合わせに。

長年愛用してきた椰子の実洗剤に
もう少しで別れを告げて
とうとうFroschデビュー。

でも、
このFroschがなくなったら椰子の実洗剤に戻る、という可能性は否めない。
[PR]
by yucco_mini | 2007-10-25 00:53
luminous cloud
a0020009_0143068.jpg

a0020009_0144214.jpg


上と下は違う日です。
つい最近なんだけどいつだったかなー。忘れた。
[PR]
by yucco_mini | 2007-10-23 00:16 | diary(日々の泡)
dyson
a0020009_2323281.jpgdysonのハンディ・クリーナー。
彼に頼んで、ANAでマイレージと交換で貰いました。

すうすう。吸う吸う。

ただ、少し重い。
片手で操りたいけどマシンガン撃つ時みたいに(撃ったことないけど)
両手で持たないと手がだるくなってくる・・・

それから、3時間充電で6分の命。ウルトラマンなんですね。要するに。

ちなみに娘はこれを「吸引力の変わらないたったひとつの掃除機」と呼びます。
「おかあさーん、吸引力の変わらないたったひとつの掃除機でお掃除手伝ってあげるー」とか言います。
面倒臭いわ。「じゅげむ」じゃないんだから。
CMのコピーそのまんま、まる覚え。子供ってそういうこと多い。
[PR]
by yucco_mini | 2007-10-19 23:36
Stars / 『In Our Bedroom After the War』 (2007)
a0020009_0163030.jpg聴けば聴くほど。ホントにいいバンド。
前作も素晴らしかったけれども。今回も個人的には言うことナシ。
一曲目がエレクトロニカ風なインストであることをはじめ、前作よりもエレポップ度が高い気がする。
そして、M-3(「Take Me To The Riot」のサビがすごくスミス。モリッシーに少し声似てない?(サビだけ)
その他には、ニューオーダーとかプリファブスプラウトとか。いろんな要素がギュッと。
でも、やっぱり男女混声のデルガドスのあの雰囲気を、メランコリックなあの空気をここまで受け継いでるバンドは他にはない気がして、デルガドス大好きなわたしはこのバンドを愛さずにはいられない。
何を根拠として、それがイギリス的だと判断するのかはわからないけれども。
カナダのバンドにもかかわらず、ものすごくイギリスの匂いがする。

My Space → http://www.myspace.com/stars
[PR]
by yucco_mini | 2007-10-19 00:22 | records(disc)
今度生まれ変わったら・・・
「" にしおかすみこ "になりたい」
って。
今日、娘が言いました。

・・・もうわからん。おかあさん、アンタがわからんのやーーーー。
って、心では思いましたが、あえて冷静を装って
「" にしおかすみこ "のどういうところが好きなの?」
って尋ねたら
「かわいいし、あの服とか手に持ってるやつがかっこいい」
って答えた。
さらに、
「にーしーおーかーすーみーこーだーよ~、(←この部分モノマネ)って言いたい」
と答えた。

・・・。

「それは無理ちゃうかなー」
と言っておきました。
[PR]
by yucco_mini | 2007-10-17 00:15 | diary(育児)
「"愛"ってどういうことかわかってる?」
って。
今日、娘に言われました。
ちょっとガツッっと頭ぶつけたぐらいの衝撃があったけど、あえて冷静を装いながら
「うーん、難しいなー。どういうことなの?」
って、尋ねたら
「大好きってこと。」
って答えた。

あー、良かった。なんか答えは4歳っぽいわ。
a0020009_235031100.jpg

左から自分、父親、わたし、らしい。4歳の自分がいちばん大きいね・・・
右下にいるアザラシみたいなんはネコらしい。彼女、最近ネコちゃんが大好き。
[PR]
by yucco_mini | 2007-10-15 23:56 | diary(育児)
Six. by Seven / 『 If Symptoms Persist Kill Your Doctor 』 (2007)
a0020009_23482943.jpg解散を撤回して出た今作。
最初に通して聴いたとき、SonicBoomの霊が(死んでないよ!)どこかに憑いてるのかと。
前作のセッション(with Spiritualizedのメンバー)の名残というか、その周辺(Spectrum、SonicBoom周辺含む)を彷彿とさせるサイケデリックな音世界が強く印象に残る。
『04』 (2004)のような、がっつりとした充足感が得られる作品かと問われれば微妙だけど、個人的にはすごく好みな音と楽曲。
重いけど美しい。暗いけど透明。
もう、どんな立ちかたをしてもこのひとたちに誤りなんてない気がする。
いつもと同じように感嘆のため息が出る。
[PR]
by yucco_mini | 2007-10-11 00:50 | records(disc)