wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<   2007年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Resort
a0020009_1373388.jpg

沖縄~!
呼ばれました。やって来ました。
とりあえず、暑っ…
[PR]
by yucco_mini | 2007-03-31 13:07 | diary(日々の泡)
at last
もうすぐ3月が終わる。彼の仕事が一段落する。(年度末〆の仕事がほとんどなので)
もう慣れたけど、1月~3月のわたしたちは忍耐の時期。
って、毎年言ってる?
結局、今年の彼の3月は、たしか去年と同じ、3日(ひなまつり)の土曜日だけが休日だった。
あの日も結構無理矢理でしたが。
お疲れさまでした。

彼は今、年度末最後の仕事で沖縄。
というか、火曜も沖縄に行っていたくせに(ちなみに月曜は帰宅せず)、水曜日に一回帰ってきて木曜からまた行っている。その間の在宅時間、6時間くらい(睡眠時間込み)
意味がわからない・・・。会社ってムダだらけだ。
うーん。

とりあえず。
今年はちょっとしたご褒美が待っています。
だってホラ。こないだ、娘に新しい水着を買ったでしょ?
[PR]
by yucco_mini | 2007-03-30 01:10 | diary(日々の泡)
ENGINEER BOOTS
もう春だから出番が減ってきた。ホントにこの冬は良く履いたなぁ。
a0020009_22561753.jpg
chippewaのエンジニアブーツ(11インチ)。
買ったのは5~6年前なんだけど。この冬は2日に1回は履いていた気がする。
細いデニムインで。たまにスカートとタイツで。
暖かいし、何てったって傷とかぜんぜん気にしなくていいから。
オイルドレザーだから雨の日なんて長靴代わり。

オシャレ仕様のエンジニアじゃなく、リアル・バイカーのブーツで、
いわゆる安全靴だからスチール入りでめちゃ重いし。
空港のゲートは絶対に引っかかるので、飛行機乗るときは最初から脱いでカバン類と一緒に差し出すし(笑)
一昔前は、渋谷をうろついてるコワイお兄ちゃん達の間で流行っていたらしく(笑)
かわいいと言われたことはないけど、「あの女、ケンカ靴はいとる・・・」って
ボソッと言われたことあるし。
まず女の子が履いているの見たことないし。

なんかいいことひとつもないみたいだけど。
わたしはこのブーツが大好きなのよねぇ・・・ほんとうに。
あ、そうそう。
混み合ったライブ会場などで、わたしに踏まれた人は痛いと思うけど、
わたしは誰に踏まれてもぜんぜん痛くないヨ!
オススメ!・・・・・・・(無理ある?)

わたしは一生履くだろうなぁ。たぶん壊れないだろうから。
[PR]
by yucco_mini | 2007-03-27 23:23
水着
a0020009_1245648.jpg

新しい水着を買った。もちろん娘の。
このデザイン、わたしが着たら・・・確実に通報されるでしょうな。夫の手で(笑)

なんで今頃水着かというのは、もう少ししたらわかるんですが。
それにしても、彼女は家に帰ったらすぐ、この水着に着替えて(寒いやろ!)
「ちょっと音楽かけて」と。
なんやねん?と思いながら適当に音楽をかけてみると。
延々、踊ってます・・・もしや、このフリフリな感じでアイドル気分?
かと思えばくるくる廻ったりしてます・・・

あ、わかったぞ。

「なー、おかーさーん!あのおねえさんみたいにいっぱいくるくる廻られへんのはなんで?」

あのおねえさんとは、フィギュア・スケーターのおねえさんのことね?お嬢ちゃん。
[PR]
by yucco_mini | 2007-03-26 01:39 | diary(育児)
IDLEWILD / 『 MAKE ANOTHER WORLD 』 (2007)
a0020009_1401536.jpg9年ぶりの来日とほぼ同時に届いたニューアルバム。
idlewildのアルバムはそれぞれに魅力があるけど、わたしは『100 Broken Windows』がいちばん好きだった。
1stほどの激しさや荒さやはないけど、彼らの持つエネルギーと才能がいちばん高い位置で、同時に、偶然にも弾けてスパークしたような。そしてその閃光が目を開けられないくらい眩しい感じ。

この作品はそれに似た煌めきがある。

最後の曲「Finished It Remains」がすごく好き。
イントロなしで入るroddyの声。ほんの少しの間と一斉に入る楽器の音。
何て言ったらいいんだろう?どきどきする。すごくわくわくする。
遠くて、まだ知らない憧れの土地へ発つ飛行機に乗りこむ瞬間みたい。
この曲、roddyは前作の後に突然移り住んだN.Y.を後にして、自分の故郷イギリスに戻る時のことを書いたみたいだけど。
And the journeys start /
Only as the journeys end /
自分を上へ引っ張り上げてくれる感じ?高い場所へ上げてくれる感じ。
こういう曲ってわたしの中にはいくつかあるんだけど。少ないし久しぶり。
この曲が最後の曲っていうのがまたいいよね。
ライブでも聴きたかったな。最後に。
[PR]
by yucco_mini | 2007-03-23 02:35 | records(disc)
太陽の塔
a0020009_1332637.jpg
a0020009_1333617.jpg
a0020009_1334441.jpg
もちろん、太陽の塔にもちゃんと行ってきました。どんなにスケジュールがタイトでも。
義務のようなモノです。太陽の塔好きの娘を持つ身として。
ここに来るときも、いつもいい天気だー。
わたしにとってはほんとうに「太陽の塔」。
でも、今回はすごく寒かったな・・・大阪。
[PR]
by yucco_mini | 2007-03-22 01:37 | diary(日々の泡)
chloe
先日の帰阪は" idlewildのライブ "" 人に会う "がテーマだったので、買い物をする時間はぜんぜん作ってなかったのだが。
前から財布を新しくしたかったので、静かに企んでいた計画を実行。
idlewildのライブに行く前のそのドキドキと緊張を引っさげたまま、その勢いで(笑)。
梅田阪急のクロエに乗り込み(大袈裟・・・)値段のわりには速攻買い。
いや、もちろん、すごく気に入ったから。
a0020009_22171213.jpg


長財布が欲しかったのです。あー、うれしい。オトナになった気分。とっくにオトナやけど。
同じデザインで羊皮と牛革2種類あって迷ったけど、やっぱり丈夫な牛革をチョイス。
残り少ない貯金がまた減ったけど悔いなし。
[PR]
by yucco_mini | 2007-03-19 22:19
娘近況
もう知恵がずいぶんついてきて。悪知恵?っていうの?
都合がわるくなるとヘンないいわけとか屁理屈を・・・
もう、3歳児の屁理屈ほど筋の通ってないハナシってないよね。
しかも、ちかごろは本人もどうやら途中で筋が通ってないことに薄々感づいていて・・・
ごまかすごまかす。話題を変える変える。とりあえず笑う笑う。
あげくの果てにはなかったことにする・・・
こんなひと、もうひとりいたなー。すごく近くに。いや、同じ家に。あんまり在宅してないけど。
・・・DNA?!

そんな彼女もホワイトデーには本命からちゃんとお返しを貰いました。

a0020009_22403644.jpg
アラタくんからです。
(正しくはアラタくんのママから・・・)


a0020009_22405813.jpg

中にはこんなかわいいムーミンのドロップ缶と
手作りのクッキーが入っていました


しかし、アラタくんのママからは衝撃の発言が!
「アラタ、わりとおとなしい子が好みみたい」

振られてるやん。完全に。
まぁ、本人意味わかってないけどねー。
だからといっておとなしくなる気はさらさらないよねー。
誰かこの娘をじっとさせる薬を下さい・・・
[PR]
by yucco_mini | 2007-03-16 22:51 | diary(育児)
明日
a0020009_0413967.jpg
いよいよわが家に帰る。
今回はいつものこの時期の帰阪に比べると短かったけど、すごく充実していた。
かなりのハードスケ。
Idlewildのライブはもちろん、あらかじめ予定していたもの以外にも、数人の会いたかった友人たちとの再会を実現。
かなりバタついたけど、いろんな笑顔に会えてよかった。
もうずいぶん年老いてきたけど、協力してくれた両親にもあらためて感謝。
また明日からがんばらなくちゃねー。
わたしにちからをくれたみんな、どうもありがとう。
[PR]
by yucco_mini | 2007-03-13 00:41 | diary(日々の泡)
IDLEWILD "JAPAN TOUR 2007"  at 心斎橋クラブクアトロ 3/6
心斎橋の駅を降りてから走った。
ぜんぜん間に合ってるんだけどもう走っちゃって。
クアトロに入ったら少し落ち着いた。久しぶりだけど落ち着く場所。
でも、始まるまでどきどきして。のどが渇いて口の中がカラカラで。
知り合いにも無事会えたんだけど、もう何しゃべってるかわからなくて。

ほら。ロディが出てきたよ。こんなに近くにいるよ。『Roseability』が鳴り始めたよ!

・・・!!!!!!!!

何書いていいのかわかりません。

思ったより泣かなかったよ。『American English』だけかな。

だってロディがずっと穏やかで、いちいちしゃべるし(アリガトとか言う)、
にこにこして、途中でトイレ行ったりして、昨日の東京は嵐で大変だったとか、
靴がないとか(靴下で歌っていたらしい・・・家かよ!?)。
そら和むわな。

声がねー。すごくいい。やわらかくてやさしい。
そして、歌をすごくきれいにうたう。
言葉をきちんと伝えるようにうたう。
ファルセットもきれいに響く。ロックのひとなのに(笑)
どんだけギターが歪もうがリズム隊がガシガシ鳴ろうが、
ロディの声はきれいに届いてくる。
Idlewildって、なんでこんなにいい曲ばっかりなのかな?
あー。今気づいたけど。やっぱり長い間待ってたわ。ロディ。
わたしたちは、なんて長い間待ち続けてたんだろう。

って思いながら幸せな時間はあっという間に終わりました。

set list
[PR]
by yucco_mini | 2007-03-09 02:37 | music