wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
happy birthday .
a0020009_291612.jpg

Happy birthday Lili-chang!
[PR]
by yucco_mini | 2006-05-30 17:00 | diary(育児)
suncatcher
a0020009_1481049.jpgサンキャッチャーを手づくり。
車のルームミラーにつけたくて。
でも買うと結構高いし、なんとなく作れそうだと思ったし。
スワロフスキーのクリスタルパーツを探し求めること数ヶ月。
やっと大きいクリスタルを見つけて作成。
意外に簡単。(かなり自己流)

クリスタルの大きさにもよると思うけど、
市販のサンキャッチャーの5分の一くらいの費用で作れる。(一つ千円以下)

窓辺に下げるときらきら。きれい。
[PR]
by yucco_mini | 2006-05-29 01:48 | diary(日々の泡)
No music , No life .
なにげにリリースラッシュ。欲しいものいっぱい。
とっくに出てる幸宏さんの新譜はレンタルで探そうかな。
そういえば、テレヴィジョン・パーソナリティーズの新譜ってどうなんだろう?気になる。

自分のために書き留めてみる。
「Despondent Transponder」 / Fleeting Joys
「Out Of The Angeles」 / Amusement Parks On Fire
「Half-truths Indiscretions: The Anthology」 / Burning Paris
「Riot City Blues」 / Primal Scream
「Back In Denim」 / Denim (再発)
「Rather Ripped 」 / Sonic Youth
「Eingya 」/ Helios
「Trans Canada Highway」 / Boards Of Canada
「Eyes Open」 / Snow Patrol
「Pet Grief 」 / The Radio Dept.
「BLUE MOON BLUE」 / 高橋幸宏

まだまだ出てきそうだけど・・・。
でも、右耳は未だ聞こえない。
[PR]
by yucco_mini | 2006-05-26 01:55 | diary(日々の泡)
右耳が
ほとんど聞こえなくなって5日目。
先週の金曜の夜、痛くて眠れないくらいだった。
土曜日の朝、急いで耳鼻科に行くと「中耳炎」だと告げられる。
中耳炎て・・・。子供がなるものだと思っていたのに。自分自身、いつ以来?という感じ。

それ以来まだ聞こえない。耳の穴に水が満タン入りっぱなしな感じ。
この不思議な感覚にも慣れてきたが。いつ聞こえるようになるのか不安。
音楽もぜんぜん聴く気にならない。読書には集中できそうな気はするが。
抗生剤やらなんやらたくさん薬を飲んでいるので、時間ができても怠くてすぐに寝てしまう。

両方の耳が聞こえなくなったら・・・という自分を想像してみる。
音楽が聴けない自分。あまりうまく想像できない。でもライブは行ってしまう気がする。
行きたいと思う。音を失っても、音がたくさんある場所に行きたいだろうな。

プライマルの新譜、もうすぐだなぁ。
[PR]
by yucco_mini | 2006-05-23 23:44 | diary(日々の泡)
夕立のあとで
a0020009_311424.jpg
a0020009_3111098.jpg
土曜日。
東の空に虹が出てた頃、西の空は雲の隙間から斜陽が差していた。
虹を見るのは、すごく興奮するし大好きだけど。
こういう空があったら、やっぱりわたしは無視できない。
[PR]
by yucco_mini | 2006-05-22 02:50 | diary(日々の泡)
指輪
わたしは結婚指輪をつけている男のひとがなんとなく好きだ。
なんか、(その男が)ひとのもんって感じで、こう、手出したらアカン感じがたまらないというか・・・(何ゆうてんねん?)そういうわたしも人妻。
あ、もちろん誰でもいいっていうわけじゃないけど。手がきれいな男のひとはいいな。

わたしはいつも左手の薬指に、プラチナの結婚指輪と出産後に買ってもらったピンクゴールドの指輪をつけているのだが、唯一、おにぎりを作るときは不衛生なので取ることにしている。
しかし、子供のおやつだとかなんとかで、おにぎりを作る機会というのがもうすごく多くて
(ほぼ毎日)そのたびに取るんだが、どうしてもむくんで取れない時がある。
このむくみがすぐに取れる方法ってないのかなぁ。

それにしても出産してから入らなくなった指輪があるし、入らなくなった靴がある。
体重はべつに増えてないのに。どういうことよ。やっぱり骨盤かなー。整体に行きたい。
[PR]
by yucco_mini | 2006-05-19 00:49 | diary(日々の泡)
snow patrolを
大人買い。
1stと2ndがすごい数のボーナストラックを伴って再発されたのを機に購入。
ついこないだ出た最新アルバムは未だ買っていないけど、試聴した感じではよさそうだなー。a0020009_23211783.jpga0020009_23212925.jpga0020009_23213987.jpg
そのほかにも、今更ながらCLAP YOUR HANDS SAY YEAHとか、やっとFLAMING LIPSの新譜とグレアムの新譜を買ったけど。
最近、自分の中で猛烈に読書スイッチが入っていた上に、すこし体調を崩していたのできちんと聴けてない。
なぜか焦る。不器用~。あくまでも、中心は育児だからなぁ・・・
[PR]
by yucco_mini | 2006-05-18 23:07 | music
「最後の家族」 / 村上 龍(著)  
a0020009_04548.jpgなんだかとてもいい話だった。
物語の進行は角田光代さんの『空中庭園』と同じ。家族それぞれの視点で出来事が綴られていく。
物理的にはばらばらになっていくのだが。このばらばらはこの家族にとって、信頼と尊敬の、希望に満ちたまとまりのかたちである。
「自立すること」が人と人との関わりあいのなかで一番成熟したかたちなんだとあらためて感じさせられる。「家族」という密着した縁のあいだではことさら。
「人は人を救うことなんかできない」このフレーズは村上龍の作品に何度も登場する。
この強引でぼやけたフレーズがこの作品ではもっと具体的に展開される。
「他人を救いたいいう要求と支配したいという要求は実は同じ」
「親しい人の自立はその近くにいる人を救う。一人で生きていけるようになること、それだけが結果的に誰か親しい人を救う」
ひとつにまとまって暮らしていても、中身がこの家よりもばらばらな家族は世の中にあふれているだろう。
[PR]
by yucco_mini | 2006-05-16 00:04 | books
「愛と幻想のファシズム」 / 村上 龍(著)  
a0020009_0413270.jpg分厚くて字がぎっしりなこの上下巻。連休中になんとか読破。やっと。
高校生の頃、村上龍作品(特に「コインロッカー・ベイビーズ」)が大好きだった。
この本が単行本で出版されたのは大学生の頃だったが、
その時は上巻だけ買って挫折。テーマ(政治経済)が堅すぎて。
でも。もっと早くに読んでおけばよかった。
そうだ。この重さ。これが好きだったんだ。と思い出してしまった感じ。
来たな・・・自分の中にまた、きれいにやってきた気がする。
a0020009_0414257.jpg村上龍作品は久しぶりだったけど、相変わらず濃くて残酷で優しい。
魅力的な人物のキャラクター。彼らの意識を辿る快感。
ストーリーじゃなくて言葉。彼らによって語られ、または語れないままである言葉たち。
文庫版のあとがきで、この物語の主要登場人物3人(冬二、ゼロ、フルーツ)が『コインロッカー・ベイビーズ』の、キク、ハシ、アネモネの生まれ変わりである、と作者自身が書いているのを読んで、
「ああ、そうか。」と思った。もう泣いてしまいそうやな。
そして今週末は古本屋に『コインロッカー』を買いに行くはず。オレ。
[PR]
by yucco_mini | 2006-05-11 00:42 | books
holidays
a0020009_1115100.jpg
a0020009_113868.jpg
a0020009_121946.jpg
a0020009_13172.jpg

久しぶりにログイン。
連休中は天気に恵まれたせいで、毎日のように遊びにでかけていた。
しかし遠出したのは富士サファリパーク(といっても車で2時間半くらい)と
そのついでに急遽、箱根で一泊しただけで(旅館は前々日にネットでおさえた)
あとは近隣の公園。こどもの国とか。砧公園とか。
お弁当を3回も作ったよ。
[PR]
by yucco_mini | 2006-05-09 01:02 | diary(日々の泡)