wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ:diary(育児)( 122 )
balance point
「したいこと」 「すべきこと」 「できること」。
この三つの錘を、いつも同時にこころのはかりにかけてバランスを保つ。
それが育児をする母親に必要とされる最も困難でありながらのメインテーマでライフワーク。
そう常々感じている。

でも最近、それは母親に限ったことではないのね。と思う。
ひとが成熟するための修行みたいで。果たして本当に成熟できるのだろうかと思いながら。
こわれてしまうのなんて、本当は一番簡単なこと。

「ロケット」は、何かを破壊するための目的を担うと「ミサイル」になる。
ミサイルがわたしたちの住んでいるそらをひゅんひゅんと飛んでいるのに、
何事もないように、いつもとおなじように生活できる神経は、
いったいどこからやって来るのでしょう。ねぇ。
[PR]
by yucco_mini | 2006-07-10 23:58 | diary(育児)
happy birthday .
a0020009_291612.jpg

Happy birthday Lili-chang!
[PR]
by yucco_mini | 2006-05-30 17:00 | diary(育児)
sunny spot
a0020009_1252446.jpg久しぶり。娘の友達。大家さんのゴールデンレトリバー。
娘もちょっと成長して、もうワン子のおうちに勝手に上がり込むことはなくなった。
このレトリバーは老犬でとってもやさしい。
娘はそれをいいことに耳をめくったりしっぽを持ったり。
たまにもたれて一緒に寝てるし・・・
彼女たちの間にはなにか特別な言葉があるのかなぁ。
なにかいろいろ話しかけているけど。

その日だまりはいつもあたたかくて愛おしい。
[PR]
by yucco_mini | 2006-04-19 01:25 | diary(育児)
the depth of mind
専業主婦の育児には闇がある。
その闇が見え隠れするのを振りはらうためにみんないろんな努力をする。
公園へでかけたりママ友達を捜すのも、じつは自分のためであることが多い。
ものすごい孤独と不安とのなかで葛藤しているのだ。それを誰かと話したいのだ。
そんな精神的な部分で育児を手助けしている父親はほとんどいない。
休みの日に子供と遊ぶだけでは育児とはいわない。

たまに子育て支援センターというところに顔を出すと、
そこにはたくさんの遊具や絵本であふれているのに子供と遊んでいる親は少ない。
母親は他の母親とのおしゃべりに夢中で子供は勝手に遊んでいる。
そしてみんなわかっているのだ。ここに来るのは自分のストレス発散のためだということ。
別にいいことだと思う。わたしはそんな彼女たちの気持ちがよくわかる。
二人目を産む気になれないと言うひとはたくさんいる。
耐えきれなくて仕事を探して働きに出るひともいる。

わたしは自分でもなんとか闇とうまくつきあっていると思うが、
それでも時々、闇はやってくる。

たとえば今週末、彼に土曜も日曜も仕事だと宣告された。
平日も朝しか会わない彼が、である。
でも不満を言いたい気持ちをぐっとこらえる。彼にも休めないストレスがあるのでケンカになってしまうからだ。
そういうことの積み重ねなんだと思う。

でも大切なのは、子供にはなんの罪もないと言うこと。
子供は本当に無邪気。そして尊い。

オトナが無邪気だと、それはとっても罪だと思いますがね。
[PR]
by yucco_mini | 2006-02-25 00:21 | diary(育児)
昨日
a0020009_2329407.jpg
この夕焼け写真をアップしたかったけど、娘と一緒に9時頃寝てしまった。(ちかごろ恒例)
娘の熱は下がったものの鼻水と咳がひどくて医者に連れて行くことに。インフルエンザの検査は陰性で風邪らしい。
せっかくインフルエンザの予防接種したのに(結構値段高い)。風邪かよ。
どうせならインフルエンザにかかってて、予防接種受けてたから軽くて済みましたね、みたいな感じのほうがなんか・・・まぁ、いいけど。
それよりわたしもうつってしまって、頭痛いし鼻出るし。

外遊びさせられないからDVDが大活躍。ジブリ作品はすごいな。
風邪のせいでジブリ美術館のチケットは紙屑になったのだが。
最近、彼女の「トトロ」ブームは去って、「魔女の宅急便」がイン。
しかし、どうも主人公の魔女キキが飼っている黒猫ジジが好きらしく、
いちいち「ネコの宅急便」と言っている・・・それって。むうぅ・・・
ものすごく夢がない感じになるから早くちゃんと覚えて欲しい。
あ、そうそう。
ジジの恋人になる白猫の名前が自分と同じだからそこもすごく気に入ってるみたい。
[PR]
by yucco_mini | 2006-01-27 23:29 | diary(育児)
2歳娘話。
午後八時頃、何を思ったか娘が父親の帰りを待つと言って玄関の前に座って動かなかった。
帰ってこないのに・・・(正しくは深夜に帰ってくる)
そんな娘をみてかわいそうに、と思わず涙が・・・ というのは嘘で
「どうせ帰ってこえへんで。はよ歯磨きしてお風呂入ろ。」
などと言い放つわたしなのであった。(昨日の帰宅は朝4時頃だったし)

だって、こんなことでは。3月なんか週末も家にいないんだから。
「マグロ漁船に乗ってる」とでも言えばいいのか?まじで。(2歳にはわかるまい)

でも本当は少しかわいそうだった。いるはずの父親がぜんぜん家にいないんだからなぁ。
自分の椅子を玄関まで引っ張ってきて、縫いぐるみを抱きしめながらじっとドアを見つめてる娘・・・。
とは言ってもお風呂に入ってくれないと寝れないので、彼に説得して貰おうと思い切って
(普段、仕事中の彼には電話しない)電話したら「いま会議中やから後で電話する」と言われ
結局わたしが説得。
やっと入ったお風呂から出てすぐにかかってきた彼からの電話に向かって娘は
「いつ帰ってくるのよ?」とキレていた。
笑えた。(笑ってていいのか?)
[PR]
by yucco_mini | 2006-01-19 01:24 | diary(育児)
キレ気味。(ママ編)
お行儀の良い子供 = 素晴らしい子供 な世間(日本)の風潮を何とかして欲しい。

子供なんて動き回ってなんぼ、騒いでなんぼ。
生まれて2~3年しか経ってない子供が静かに座っていたり、お行儀よくしてられるほうがおかしいっちゅうねん。

More
[PR]
by yucco_mini | 2005-12-22 00:34 | diary(育児)
753
a0020009_104473.jpg娘の七五三もなんとか無事に終了し、我が家に帰宅。

アメリカから帰った次の日に別の場所へ出張し、そこから直接駆けつけた配偶者はボロぞうきんのように疲れていたが。
家族揃って写真におさまることができた。



このポーズはいったい・・・?謎が多い2歳半 

でも着物姿はお人形のようでした。(親バカ)
[PR]
by yucco_mini | 2005-11-29 01:00 | diary(育児)
雨、雨、雨
もう10月も半ばを過ぎたというのに。
東京、神奈川近辺は今月、きれいに晴れた日は3日くらいしかないのでは?

大家さんの経営するコインランドリーがマンションの横にあるので救われている。
でも、毎日ではなく3日以上雨が続いた時だけ利用するので、そこそこ大量の洗濯物を持って階段を上り下りするのが面倒(4階)。
もちろん娘付きだし。
「ちょっとコインランドリーに入れてくるから待ってて」と言っても
「一緒にいく」と言ってちゃんとレインコート来てお気に入りグッズが入ったカバンを持って長靴を履いていこうとするので、面倒くさい・・・そして、究極、階段の上り下りが遅いのなんの。
その間に行って帰って来れるっちゅうねん。わたしは傘もさしませんから。

今の洗濯機が壊れたら、憧れの乾燥機付き洗濯機が欲しい。
でも、なかなか壊れない・・・すでに一回修理してるし。
[PR]
by yucco_mini | 2005-10-18 03:22 | diary(育児)
歯医者きらい
IDAHOの新譜が届いた。開封。シガーロスの『Takk...』以来だ。
ちなみに未だハースペの新譜は開けていない。もちろん良いに決まっているが。
たぶん、気分だと思う。

今日は娘を歯の定期健診のため歯医者へ連れて行った。
朝イチで眠かったのか機嫌が悪く、診察の椅子に上がったとたん大泣き。
「こーわーいー」と泣いている。
あ、たぶんあのマスクがあかんのよね。と、歯科医に告げるとマスクを取ってくれたのだが。
それでも「いーやー!」と言って口を開けない・・・歯医者さん(若造)大弱り。大変でした。
そのあと衛生士さんが歯磨きしてフッ素を塗布してくれるのだが、
「おかあさんがいいのーー!」とまた大泣き。
で、結局わたしが磨くことに・・・なんでやねん。
医者大好きのくせに。注射も泣かないくせに。
歯医者のあの雰囲気がダメなのかな。機械いっぱいの。確かにわたしもイヤだ。
[PR]
by yucco_mini | 2005-09-27 02:27 | diary(育児)