wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:records(disc)( 176 )
domotic / 『ASK FOR TIGER』(2005)
a0020009_12573030.jpg季節の移り変わりとともに「bye bye」を思い出し、やっとたどり着いた「ASK FOR TIGER」。
4年前ですよ。わたし、見つけるの遅すぎる。
なぜならそれは予想以上に素晴らしくて、何回かもう泣いてしまおうかと思いました。
チープな印象のノイズ。サンプラーとアナログシンセ。
おもちゃ箱をひっかきまわしてガチャガチャ遊んでるみたいなのに。
何なんでしょう?この切なさ満載の美しいメロディーは。
エレクトロニカといいながら淡々と静かにエモーショナル。歌がよすぎる。
ポップだけど哀しい。すごく楽しんでるはずなのに切ない。
こういうのって、言葉ではどんなにがんばっても伝えきれないのに、本当は誰もがいちばん伝えたいと思っている部分。
MySpace → http://www.myspace.com/domotic
[PR]
by yucco_mini | 2009-10-07 13:28 | records(disc)
domotic / 『bye bye』(2002)
a0020009_1422779.jpgフランスのエレクトロニカアーティスト、domotic。
実はdomoticに関しては何にも知らない。知識ゼロ。
確か6~7年前、渋谷のHMVで試聴して衝動買いした。
電子音が電子音らしからぬ温もりを持つ不思議な感覚。
秋、冬が近づいてくるとこのジャケットがあたまをよぎる。
この写真もすごく好きで半分ジャケ買いみたいなものだった。

さっき調べたら2005年にアルバムが出ているんだね。
しかも『byebye』はインストなのに新しいアルバム(4年前だけど)はヴォーカル入り。
声が好み&めっちゃ良さそうなのでさっそくポチッとしに行ってくる。

Myspace → http://www.myspace.com/domotic
[PR]
by yucco_mini | 2009-09-18 14:13 | records(disc)
くるり/ 『 魂のゆくえ』 (2009)
a0020009_1361451.jpg昨日岸田くんが夢に出てきた。二人で海辺でキャンプみたいなことしてた。
岸田くん、たまに夢に出てくる。別に気にしてないのに(ごめん)
・・・思い出したのでエントリー。6月に発表された最新アルバム。

正直、普通です。普通だからいいという話もあるが。
前回がウィーンで今回がニューヨーク。畏まった感じから雑踏へ。
一回全部空っぽにして出直し、なんでしょうか。
以前のように青くさーい感じはさすがに薄れてるけど、普通にロックです。

わたしは実は前回のアルバム『ワルツを踊れ』がすごく好き。
本来の彼ららしくない、と言われても。
あのどこか散々悲しみにうちひしがれた後に見えてくる透明な世界みたいな。
ずっと耳をふさいでたあとにそっと耳を澄ませたら森の中みたいな(わかりにくいわ!)

それに比べたら庶民的ですよ、今回は。まぁ庶民だもんね。(えらそう)
でもこういうのって聴き込めるんだろうな。いつまでも聴けるんだろうな。
M-7の「さよならリグレット」が好きかな。
くるりはいつもバックコーラスの女性が素敵だよね。今回は土岐麻子さん。
[PR]
by yucco_mini | 2009-08-26 13:29 | records(disc)
Jónsi & Alex / 『 Riceboy Sleeps 』 (2009)
a0020009_1339203.jpgシガーロスのヨンシーと公私にわたるパートナーであるアレックス(パラシューツ)。
数年前からRiceboy Sleeps名義で音楽やヴィジュアル、平面アートをコラボさせた作品を創っていた二人が音楽ユニットとして初めて公式に発表したのが今作。
当然のことながらシガーロスと同じ音世界に属する。
きわめて透明で果てしなくピュア。
でもシガーロスのように緻密な感じはなく、もっとラフでオーガニックな印象。
アコースティクをベースに身近な世界から拾った音のサンプルを溶け込ませ、ヨンシーの声やアミーナのストリングスが重なるインスト作品。

わたしが自分の気分に合わせて彼らの音楽をチョイスするのは間違っているということに気がついた。
自分が如何なるコンディションにあっても、彼ら(シガーロス含む)の音が流れた途端に、わたしの方がとある特別な場所に連れて行かれるのだ。
なんて簡単なことに気がつかなかったんだろう。
魅了されるということの、このとてもシンプルな仕組み。

MySpace → http://www.myspace.com/jonsiandalex
[PR]
by yucco_mini | 2009-08-11 14:11 | records(disc)
wilco/ 『 wilco (the album)』 (2009)
a0020009_13154243.jpg通算7作目の新譜。
ホッとする。紛れも無くwilcoです。
じつは「Yankee Hotel Foxtrot」をわたしは今日の朝も車の中で聴いていた。
前作「SKY BLUE SKY」は少しのとまどいを経て結局とても大好きなアルバムになったけれども。
今回のバンド名を冠したこのアルバムは「Yankee Hotel Foxtrot」に近いかもしれない。
その音に触れることができるならば、暖かくてやわらかい手触り。馴染んでいく感じ。
あらためて感じるのはJeffの声がほんとに好き。少しかすれたファルセット。声を張ったときのコーラスを包み込むような響き。

wilcoサウンドの持つ儚いけどブレない感じ。
こういうシンプルなフォーク・ロックをベースにしたものって退屈になりがちなのに。
wilcoはならないんだよね。絶対飽きないようなバランスがあるんだと思う。
楽曲以外の魅力。
それはたとえばビートルズやバーズやバッファロースプリングフィールドやCSN&Y...etc。いつまでも心に残るバンドが持っていたバランスと同じものじゃないかな。

Myspace →  http://www.myspace.com/wilco
official site → http://www.wilcoworld.net/
[PR]
by yucco_mini | 2009-07-30 14:03 | records(disc)
Dinosaur jr. / 『 Farm 』 (2009)
a0020009_11191684.jpg世間的には"奇跡の2枚目"なんでしょうか。再結成から早、3年。
再結成ブーム?とでもいうのでしょうか、わたし個人的にはとても"興醒め"な時代の流れ。
そのなかでなんと再結成してしまったDinosaur。
このバンドに限っては嬉しくてちびりそう(コラ!)になって受け止めましたけど。
受け止めた甲斐あって素晴らしかった前作「beyond」。

さて今作。
当然ながら良い。良いに決まってる。再結成して2枚目を出すということはそういうことだ。
再結成して1枚だけ作ってバイバーイみたいなことしないもん!J はそんなことしないもん!

なんかプロっぽくなってきました。(今さら)
まだまだ行ける感じするわー。ぜんぜん枯渇してないわー。
なんか、解散前までのDinosaurは趣味でしたが、再結成後はちゃんとやってみます
というような。
すごいよね、この3人。今頃やっと団結してる感じする。
クレジットのLou thanks 部分に
   j and Murph(for doing it all over again)
てあるのをみて感慨深くなりました。
泣きそうになったひと正直に挙手。ハーイ!

official site →http://www.dinosaurjr.com/
Myspace  →http://www.myspace.com/dinosaurjr
[PR]
by yucco_mini | 2009-06-24 11:29 | records(disc)
PETER DOHERTY / 『 grace / wastelands』 (2009)
a0020009_22262816.jpgたいがいのひとは普段、結構、雑に生きがち。だよね。
立ち止まって考える時間を持たず、忙しく毎日を過ごしている時期に届いたこのアルバム。
聴いた瞬間「なんか今は聴けない」と思う。
わたしにはよくあることだが。しばらく放置。



スキャンダラスな若きロックスター、ピート・ドハーティ初のソロアルバム。
それだけでも十分わくわくするのに。
おまけにグレアム・コクソンがギターを弾いている。
もう、どんだけですか。
っていうくらい聴きたくて聴きたくてしょうがなかったのに。

ものすごくプライベートな印象。ロックスターを脱ぎ捨てたピートがすぐそばで歌ってる感じ。
こっちも雑な日常を置いて"差し"で聴かなくちゃと思わせる生々しさ。
アーティストでありながらこの人は何も創作してないなと思う。
彼の音楽は内側から自然に出てくるんだろう。
その証拠に彼のソロワークスはいつもバンドと平行している。
The Libertines時代から。Babyshamblesの今でも。

ジャンキーですごく駄目で、でもロマンティックで繊細で。
こういうひとの美しさって何にも変えられないものだ。天から与えられたものだと思う。
人を惹きつける駄目なひとってこんなんですよ。ボビー・ギレスピー然り。
でも彼の才能はボビーの比じゃないと思うのよね。たぶん。
[PR]
by yucco_mini | 2009-06-04 23:13 | records(disc)
LONGWAVE / SECRETS ARE SINISTER (2008)
a0020009_034319.jpgちょっと出遅れたけど最近よく聴いているlongwaveの新譜。
前作まではジョン・レッキーやらデイブ・フリッドマンやらプロデューサー名だけで盛り上がれるという微妙な展開だったのだが。
今回はMiceParade、MercuryRev、Interpolなんかの仕事をしているPeter Katisとバンドの共同プロデュース。
といっても、M5「Life Is Wrong」は完全に、M2の「No Direction」は共同でデイブ・フリッドマンがプロデュース参加。

良盤だったけどどうもまとまりに欠ける感が拭えなかった前作。
でも今回はちょっとまとまってきた!?
いきなりキラッキラのギターで始まって今は亡きシューゲイザーの妖精たちが生き返って降りてきたのかと思う。
このまま突っ走るのかと思いきや突然ダークな扉が開いたりするんだよね。
で、最後の方に素朴で美しい匂いを振りまいていく。
勝手な想像だけど、この人たちいろんな引き出し持ちすぎなんだろうな。きっと。
で、ついつい引き出し開けちゃうんだろうね。
でも今まででいちばんいい作品だと思う。いいバンドだと思うし。楽曲もすごくいいよね。
なんでフォロー口調になっているのだろう...こんなにいいアルバムなのに(笑)

Official Site →http://www.longwavetheband.com/
MySpace →http://jp.myspace.com/longwaveofficial
[PR]
by yucco_mini | 2009-03-11 01:24 | records(disc)
dakota suite / the end of trying (2009)
a0020009_1385534.jpg約1年半ぶりとなる8作目はドイツのレーベルkaraoke kalkから。
メンバー3人によるピアノとアメリカ人のチェリストdavid darling(ヴェンダースフィルムのサントラを手がけているらしい)によるチェロとの完全インストアルバム。これまでの作品と比べてもひときわ静かで深い哀しみを感じさせる。

chrisは以前、彼の楽曲について「いくつかは自分自身のカタルシスの為に書いた」と発言し、
人生の本質が「失望」であると考えていることを示唆したことがある。
わたしはそれについてとても微笑ましく思う。
もちろん否定的な意味合いでなく、彼の意見があまりにもまっすぐで素直だから。
彼の立ち位置は間違っていない。
すべての生は死にむかっていること、だからこそもがいて悪戦苦闘すること。
すべてがうまくいくはずがないこと、だからこそその隙間にささやかな光が差すということ。
わたしはふと実存について考える。
不安と孤独と絶望によって規定されるその思想について考える。
そんな深くて冷たい、でも贅沢でゆっくりとした残響の流れが、
彼らの作品には満ちあふれている。

彼らのMySpaceを開くと、彼が大好きだという村上春樹に捧げられた楽曲が流れる。
正直驚いたけど、彼らの音楽を理解する上ではとてもありがたいアプローチだなと思う。

そして、chrisの妻であるjohannaの撮る写真は、いつもメランコリックで美しい。



official site → http://www.dakotasuite.com
MySpace → http://www.myspace.com/dakotasuite
[PR]
by yucco_mini | 2009-02-20 13:18 | records(disc)
HELIOS / 「 CAESURA 」(2008)
a0020009_11251425.jpg昨年末に発売されたHELIOSの新譜。
前作同様今作もかなり良い。
アンビエント色が薄れてよりポストロックに。
わかりやすく言えばmumやUlrich Schnaussのようなロマンチックな展開多し。

ジャケットのイラストは車窓から眺めた雪山(?)みたいなんだけど。まさにそんな感じ。
今の季節にぴったり。今日みたいに曇って寒い日。あ、天気のいい寒い日でもいいかな。
リヴァーブの効いたギターの単音がすごく綺麗。こういうギターの音大好き。
音を聴いただけで、はじいた弦の振動してる画が見える。

CDケースを開けると内ジャケに"FOR HOLLIE"と書いてある。
HELIOSことKeith Kenniffの奥さんの名前みたいなんだけど。
どんな想いが在るんだろう・・・と想像もふくらむ。

MySpace →http://www.myspace.com/thesadepicurean
Official Site →http://www.soundalong.com/helios/
[PR]
by yucco_mini | 2009-01-29 11:45 | records(disc)