wandering landscape
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Sigur Ros / 『 Med sud i eyrum vid spilum endalaust 』(2008)
a0020009_1423896.jpgシガーロスのことについて書くのはとても苦手だ。
できれば避けたい。
なぜなら、わたしの貧しい語彙と文章ではとても表現できない音楽だから。
自分の中に生まれる感動をことばにするのはまだいいとして
(すでにそれも難しいけど)、
それを彼らの音楽に結びつけて言いあらわすというのは、
もう神への冒涜並みに失礼なことのような気がするくらいわたしには表現力がない。
だけどもうすでに、確実に、お察しの通り、 「Sigur Ros」 はわたしの人生にとって重要な出来事のひとつなのです。お許しを。

この極めてフリーダムなジャケットとPV、一曲目に翻弄されたファンはたくさんいるのだろう。
わたしはぜんぜんへっちゃらだったけどね!(意味なく強がり)

確かに彼らはほんのすこしわたしたちのそばに来た。
自由なドラム、ファンファーレのようなホーンセクション、アコースティックギター、ピアノ。
でも変わらないよね。彼らは何も変わらない。ヨンシーの声はシガーロスを選んでいる。

彼らの音楽を聴いたあとは少し世界が違って見える。
わたしはこの世の中の美しいものを、まだたくさん見逃している。
そして、わたしたちはもっとおおらかに生きてゆける。

ひとは"ヒーリング・アイテム"を必要としているわけではないのだろう。
"きっかけ"が欲しいだけ。
彼らの音楽はその"きっかけ"を与えてくれる。

official → http://www.sigur-ros.co.uk/
MySpace → http://www.myspace.com/sigurros
[PR]
by yucco_mini | 2008-06-26 14:31 | records(disc)
<< 日々泡07.04 日々泡 >>