wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
change
我が家の疫病神的な、わたしと彼の心の片隅でいつも色濃い陰を落としていたものが、
このたび急に去ることになった。
それが去ることによって新たな試練もやって来るのであるが、それはそれで。
とにかく。
わたしは何かを変えようとしている。動かそうとしている。
いつも流れの中にいて、上手く乗ることを自然としてきたわたしであるが。
少し流れを変えなくてはいけない。


それはさておき、先週我が家に大学時代からの友達が泊まりにきた。
出会った頃のわたしと彼女は1年生と4年生、学部も違えばサークルが一緒なわけでもないのに、互いの当時つき合っていた男たちが同じバンドのメンバーだったということだけで知り合った。
互いにすっかりその男たちとも切れているというのに、彼女とわたしは機会があれば今でもこうして会ったり遊んだりする。
出会いってわからない。出会いってほんとうに素敵だ。
彼女はいつもエネルギーに満ちていて能動的な生き方をしている。
三つも先輩なのにすっかりタメ口でいつも生意気なわたしでごめんなさい。
今回もちょっとエネルギーをもらいました。グッドタイミング!
[PR]
by yucco_mini | 2008-02-26 00:05 | diary(日々の泡)
<< 青い湖 the occult >>