wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
投票
まだ微熱の残る(しかしすこぶる元気な)娘を抱いて夫婦で投票しに行った。
投票所は高台の小学校だった。雨がぱらつく中、赤ちゃんを抱いて傘をさした女性や腰の折れたおばあさんが階段を上って投票に向かう。
そうよね。投票はこの国に住む成人として、行きたいと思うのが普通だ。
「行っても何も変わらんし」とかいいつつ、とくにやりたいこともないのにぶらぶら街をうろついたり、家でゴロゴロしてるやつらがいっぱいいるかとおもうと。
アンタら全員がちゃんと考えて投票したら少しは変わるっつうの。

この国の政治家がどんなに理不尽なことをやろうとしてるのか。
街で肩をぶつけてきて謝らないひとたちよりも、もっと腹立たしいとおもうんだけど。
[PR]
by yucco_mini | 2004-07-12 15:20 | diary(日々の泡)
<< へるぱんぎーな 「海のふた」 / よしもとばな... >>