wandering landscape
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
「 クワイエットルームにようこそ 」 / 松尾スズキ (著)  
a0020009_11545359.jpg離婚後に元旦那が自殺した28歳バツイチ女子。
恋人との痴話喧嘩のあと、薬のオーバードーズで担ぎ込まれた精神病院の閉鎖病棟での14日間。

痛たたたた・・・。
そうです。女ってこんなんです。その強さが。
その火事場の馬鹿力加減が。
忍び寄る不安への向き合い方が。
くだらないものへの固執と、捨て去るときの潔さが。


著者が男性ってのが信じられないくらいリアル。設定ありえないけどリアル。

物語が会話と主人公の心の喋りで構成されているからか、同調できる人は読後やたらとスッキリするでしょう。
著者が演劇人で脚本家っていうことにものすごく納得。
ことばや会話の内容はもちろん、その繋げ方の巧みさにいちいち反応して笑ってしまう。
言葉を操る者はこれくらいおもしろくないと何も生み出せないと悟っておられるみたいに。
ちなみに、とてもせつない物語です。

※10月に映画化。
映画「クワイエットルームにようこそ」http://www.quietroom-movie.com/(音出ます)

[PR]
by yucco_mini | 2007-09-04 11:57 | books
<< after sundown 9.07 コドモの語彙 >>