wandering landscape
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
くるり/ 「 ワルツを踊れ Tanz Walzer 」 (2007)
a0020009_2318351.jpg何故か熱狂的になれない。
岸田くんが何を考えているのかぜんぜん気にならない。
何を言っているのか知りたいとも思わないし、雑誌のインタビューも読んだことない。

だけど岸田くんの歌声が聴きたくなる。
彼が作る楽曲の中で、彼が立つ場所、その距離感みたいなものがすごく恋しくなるときがある。
あと、アレンジが好き。微妙な音の入り方、コーラス、鳴っている楽器の温度?のようなもの。

10年くらい前、わたしがギターを弾いていたバンドがよくステージに立っていたライブハウスで、出演バンドのブッキングをしていた友人が「デビューが決まってるすごくいいバンドが今から演るから観ていって」と言った。
でもわたしは観ずに帰った。たしか「くるり」と言っていた。
因縁でもあるのかな。今、活動中の日本人アーティストで、わたしがすべてのアルバムを買い続けてるのはじつは「くるり」しかいない。

今回のアルバムは景色がみえる。ウィーンの景色がみえますよ。
きっと何かを受け入れたんだろうね。そして何かを捨てたのでしょう。
そんな音が聞こえる気がする。あくまで、わたしのイメージだけど。
[PR]
by yucco_mini | 2007-07-06 00:16 | records(disc)
<< 「真昼の花」 / 角田光代 (... daily >>