wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
TRAVIS / 『 The Boy with No Name 』 (2007)
a0020009_034189.jpgほんとうにすごくひさしぶり、TRAVIS。そう感じるのはわたしだけなのかな。いったい何やってるのかと思っていたら。
あぁ、こんなところに辿り着いたのか。

わたしはいつも、普段きたないこともすごくきれいなこともいっぱい見て、ときにわたしというフィルターを通してそこに顕れるものが、たとえばわたしの撮った写真やわたしの選ぶ言葉なんかが少しでも誰かに響くものであったらいいなと、おこがましくも願ってみたりするのだが。というか、そんな人間にすこしでもなりたいものだと願うのだが。

彼らはきっと、彼らが見たたくさんのものや彼らが聴いたたくさんの音たちを、TRAVISというフィルターにかけて、こんなにまっすぐでこんなに美しい、とてもシンプルな音だけを静かに落としたんだろうな。と。ふと思った。
そんな作品だなぁと、しみじみ思う。
このファルセット・ヴォイスがすごくすき、なんだなー・・・とあらためて実感しました。
せつなくて儚げで繊細な感じの。ため息が出る。

TRAVISの myspace → "http://www.myspace.com/travis"
[PR]
by yucco_mini | 2007-06-20 01:16 | records(disc)
<< The Clientele ... setting sun >>