wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Cornelius / 『Sensuous』 (2006)
a0020009_2356580.jpgアルバム全体がポロックの抽象画みたいだと思った。
この色がここに置かれていることにはちゃんとした意味がある。
その難解そうな作品は、じつはルールを持たない、ただの、単純なひとつの" かたち "であるだけなのかもしれない。
でもわたしにできることはその意味を探るようにじっと眺めるだけ。
小山田くんがここにこの音を置いたわけを、ひとつひとつ探ろうとは思わないけど。そこにはちゃんと意味があるんだと考えずにはいられないよね。
だけど本当は何も考えないで聴くのがいいのかもしれないと思う。
なぜなら3歳の娘は少し驚いたように、でも楽しそうにこのアルバムに耳を傾ける。
「Gum」のボーカルにあわせて楽しそうに発声している。うん、そういうことなのかな。
小山田くんの密室の実験の過程でできた、一粒のきれいな結晶のような作品だと思う。
やっぱり歌ってるのが良いよね。
[PR]
by yucco_mini | 2006-11-06 00:05 | records(disc)
<< dusk 幼稚園 >>