wandering landscape
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
PRIMAL SCREAM 06'9.21 Zepp Tokyo
a0020009_238266.jpg
結婚して10年目だが、こんな事は初めてだと思う。ごめんね、 夫。
定時前に会社を後にして帰ってきてくれた旦那に駅で娘の身柄を引き渡し、
無事に辿り着きました。ZeppTokyo。(東京テレポート駅っていつできたわけ~?)

もう、わたしが長年すごく好きなひとだからしょうがないんだけど。
あー。やっぱりかっこいいわ。このひと。ライブがどうとか言う前にその存在が無条件に。

わりと前の方で頑張ってみた。(ていうか、先に来てた友人たちが前の方にいた)
始まって最初に思ったのは「ボビ、めちゃくちゃかっこいいやん」っていう。
アホみたいにいつもと一緒な感想。
きっとわたしみたいなファンを喜ばすためなんでしょうねぇ。一曲目が「movin' on up」て。
前半はわりとちょい前のアルバム(何枚目までを昔の曲っていうの?談議を友人たちとした)
からの曲が多くて。楽しかったなぁ。
前半からぴょんぴょん踊りすぎて、後半は疲れてきた(歳です)。

アンコール2回。ボビが「スペシャルゲスト~なんたらかんたら」って、ぜんぜん聞き取れなくて、ギター持って出てきたおっちゃん。知ってるで。このひと。
前後に動いてくるニワトリのようなこの動きはもしかして!と思いながら。
ギターシールドを確かめました。コイル状でした(電話みたいなやつ)・・・
そうです。ウィルコ・ジョンソンです・・・。
シールドみて確信するっていうのも、すごくマニアックな話やと思うが。
だったら顔みただけでわかれよっていうツッコミはなしで。

正直、ライブ全体を振り返ると、ちょっと物足りなかった。何でかな?
とりあえず、個人的にはもっとやって欲しかった曲があったんだよね。他に。
なにげに会場が一番盛り上がったのは「Country Girl」だったような・・・。うーん。
「Loaded」聴きたかったなぁ。「Ivy Ivy Ivy」とか。

あ。新しいギターのコが誰か分かる方、詳細求む。結構有名なバンドのコみたい。
あ。それから、マニとイネスのエロオヤジ・パワー炸裂大会を誰か止めて下さい。
ちなみに、マーティンはやっぱり紳士でした。
[PR]
by yucco_mini | 2006-09-22 23:08 | music
<< 大桟橋 明日は >>