wandering landscape
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
graham coxon / 「happiness in magazines」 (2004)
a0020009_161140.gifたぶん、もういい加減blurの名前をだして語られるのはどうかとおもいながら。
彼が再びblurに戻ることをデーモンが切に願っているという噂もたぶん本当だろう。
blurの最大の過ちがグレアムの喪失であり、皮肉なことにグレアムの成功はblurからのエスケイプなのだ。

前作まで前面に出ていた彼特有のエキセントリックさはもうすでにベーシックなものとして後退。
スミス世代の(、、、blur世代もか)心をつかむStephen Streetをプロデューサーに迎え、クールでスピード感のあるポップの引き出しをぶちまけている。

ああ、やはり。blurのあの部分は彼のものだったのだ。
[PR]
by yucco_mini | 2004-06-01 16:12 | records(disc)
<< 呟く。 29&30 >>