wandering landscape
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
「ふしぎな図書館」 / 村上春樹(著) 佐々木マキ(絵)
a0020009_059123.jpg装丁がとても素敵なので買ってしまう。
子供が昼寝している間に、小一時間もあれば読んでしまえる短編。

日常からふとした瞬間に入り込んでしまう非日常の世界。マンホールの穴から落ちたみたいに。
恐ろしいのにファンタジック。悲しいのにどこかぽかぽかとする余韻。
「脳みそをちゅうちゅう吸う・・・」というエピソードで、なんか読んだことあるような・・・とずっと思っていたら、1983年に発行された「カンガルー日和」(短編集)に収められている「図書館奇譚」の改稿らしい。
たしか単行本を持っていたので20年前くらいに読んでいたのだろうけど。あまりにも昔なので新鮮だった。
「カンガルー日和」が今、手元にないので(実家か?)どこが改稿されたかわからないが。
ずっと持っていたいなぁと思わせる内容と装丁なので、一瞬躊躇した値段(1500円)はもう気にならない。
[PR]
by yucco_mini | 2005-02-22 00:59 | books
<< dovesの新譜 tulip >>