wandering landscape
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
the La's  /  『the La's』 (1990)
a0020009_1143645.gif当時、ちわきまゆみさんのラジオ番組を聴いていたら流れてきた「There She Goes」。
何なのよ。このフレーズは!あのイントロのアルペジオは。
そしてレコ屋へまっしぐら。
スティーヴ・リリー・ホワイトのプロデュースで産み落とされた名盤。
リー・メイヴァースはそれでも納得がいかなかったらしいが、結局この作品だけのために人生を使い果たしてしまった。

心斎橋のクラブ・クアトロで観た最初で最後の来日公演。
持ち歌が少ないので40分くらいで本編は終了してしまい、「There She Goes」を何度もアンコールで演奏していたのが印象的だった。
ジャージの上下を着用し、リヴァプールの田舎からやって来たという感じの彼らは、それでも盛り上がる異国のオーディエンスを前にとてもにこやかだった。
この奇跡のような楽曲たちを前にして、一時間も満たないライブに不満を漏らすものはいなかったように思う。

それに加えて。
ライブ終了後のクアトロのフロアで、わたしの目の前にフリッパーズ解散直後の小沢健二。
だからわたしはその日のことを一生忘れない。
[PR]
by yucco_mini | 2004-11-16 01:37 | records(disc)
<< O次郎meets太陽の塔 親不知シスターズ >>