wandering landscape
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Belle and Sebastian / Write about Love(2010)
a0020009_1119459.jpg天才というのはたいてい変態である。
ふざけているのかまじめなのか常人からは判断がつきかねるが、ほとんどの場合ものすごくまじめで神経質。
というのは個人的な見解。(偏見ともいう)

イギリスの北のほうに、たぶんそんな変態がいる。
それがStuart Murdoch。
Belle and Sebastianのフロントマン。

4年ぶり8枚目のアルバム。
すごいなベルセバ。もう言うことないな。
いろいろ説明する気も起こらないな。(面倒なだけ)
だって聴いたら分かるもん。

プロデュースは前作に引き続きTony Hoffer。
彼はいま、わたしにとっては最も信頼できる大好きなプロデューサーになっている。
かつてのStephan Street や Dave Fridmannのように。

楽器というのはこんなにいい音がする。歌声はこんなに伸びやかに響くのだ。
それはことさら華やかなわけでもなく、かといって地味なわけでもなく。
それはおそろしく完璧なバランスで、でも自然にそうなったかのようにやわらか。

ポップとは、たぶん、ふわふわでしなやかでとてもやわらかなのに完璧な球体。


Nora Jonesがコーラスで参加。(M-5)




Myspace → http://www.myspace.com/thebandbelleandsebastian
official → http://www.belleandsebastian.com/
[PR]
by yucco_mini | 2010-11-08 12:07 | records(disc)
<< 日々泡101110 日々泡(imaginative) >>