wandering landscape
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
太陽が傾くときの空について
a0020009_0173834.jpg

a0020009_0175592.jpg

a0020009_018125.jpg

ふだん青いのがあたりまえの空が朱く染まっているというのに。
空を見上げずにいることってできる?

最近は、夕焼けに染まる空をみるというよりは夕焼けに染まる雲を見る感じ。
いつまでもみていられる。
残念ながら時間とともに消えていくのだけれど。
ぜったいに飽きない。

あのいろには特別な何かがある。
パワーとか、そういう単純で強いものじゃなくて。
静かに、ゆっくりと、もっと深い場所に届くあたたかい風みたいな感じ。
記憶とか、忘れている情景とか、大切な言葉とか、失ってしまったものとか、
自分にとってすごくやさしくて大切なものたちの隠れている場所を探りあてる感じ。
よくわからないこと言ってる気がするけど。

好きだから仕方がない。
好きなものの好きな理由を忠実に言葉で表現しようと思うのがだいたい間違っているよね。


3枚目は昨日の夕方。雲が空に影をつくっているのです。
素晴らしいねー。こういうこともできるんだね。空って。
[PR]
by yucco_mini | 2010-07-21 00:50 | diary(日々の泡)
<< 聖護院八ッ橋 「珈琲」 日々泡100717-18(ca... >>